人気ブログランキング |

気になるバイオニュース、ちょっとマニアックな鉄道模型、心に滲みる酒場、まだバックパッカーという言葉が輝いていた時代の旅の話を中心に、徒然なるままに…


by Katsu-Nakaji

<   2018年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

テツモのBタン6

ランプ掛け、バッファー、フロント掴み棒を付けて打ち止めとしました。
d0101131_01030810.jpg

ランプ掛けは、1ミリx0.3ミリ洋白板をL字に曲げたやつと0.5ミリの穴を開けた曲げてないものを付き合わせてロウ付けした後、煙室上部に真鍮線を植え込んでハンダ付けです。

バッファーは天賞堂のパーツ。可動式でしたが面倒くさいので固定して、前後ビームに接着。台座は付けようかどうしようか悩んだのですが、ごつくなるので省略しました。

d0101131_01033902.jpg

悩んだと言えば、キャブ下のステップとブレーキシュウもそう。ステップはいったんは作って見たものの、仮止めしてみると全体的にバランスが悪いのでボツ。シュウは、これを付けてしまうとテコ類も付けねば収まらなくなり、そうなると簡単なロッドが目につくことに…、で、止めました。

摂津鉄道の荒崎氏の「ブレーキシュウの付いた機関車とバラスト」の演繹法を思い出しました。スケールモデルとおもちゃの境目はこの辺にあるのですね。

d0101131_01101282.jpg

by Katsu-Nakaji | 2018-06-17 01:14 | 鉄道模型社Bタンク | Comments(0)

テツモのBタン5

キャブの窓はただ打ち抜いてあるだけなので、0.5ミリ角線で枠を付けました。ハンダ付けしたあと、ヤスって薄くします。角線の折り曲げには、1ミリ厚アルミ板を窓の内側と同寸に整形したものを治具としました。
d0101131_01261456.jpg
d0101131_01290565.jpg

煙室上部にはハンドレールです。0.5ミリ真鍮線を使いました。ディテイル加工しないこのBタンには、太めの材料で存在感を強調します。ナッブは0.5ミリ真鍮線を甲丸にした割りピンです。始め、エコー製品にしようと思っていたのですが、実際合わせてみると、繊細すぎました。
d0101131_01390817.jpg

フロントデッキのつかみ棒も、エコー製は細すぎたので、鉄製虫ピンをやや太めにドリルレースし、頭をカップカッターでまるめました。根元にはパイプをはめ、ストッパーとします。
d0101131_01430572.jpg

煙室扉ハンドルは一本棒のタイプ。パーツがどっかいってしまったので、作ります。内側の十字は0.5ミリ真鍮線の中間を、マイナスドライバーの先をタガネ風に削ったものでドンと潰し直角にはめ合わせ、ロウ付けした後中心に穴を開けました。写真では0.5ミリの穴を開けてますが、作りなおしたものには0.3ミリとし、ハンドルの軸部分に0.5x0.3ミリパイプを使ってハンドルを止める部分との太さの違いを表現しました。
d0101131_01501802.jpg
一本ハンドルも0.5ミリ線から
d0101131_01510473.jpg

円形部は0.5ミリ線をナマして2ミリドリルに巻き付けて作成。継ぎ目はロウ付けで、その後十字部分を内側にハンダ付けしました。
d0101131_01551364.jpg
ハンドルのストッパーは、1ミリ真鍮線の中心に0.3ミリ穴を開け、0.8ミリ程度に削ったものです。
d0101131_01553594.jpg

いつもながら、顔ができるとぐっと機関車らしくなります。つかみ棒は最後に付ける予定です。
d0101131_02010304.jpg

by Katsu-Nakaji | 2018-06-02 02:04 | 鉄道模型社Bタンク | Comments(0)