人気ブログランキング |

気になるバイオニュース、ちょっとマニアックな鉄道模型、心に滲みる酒場、まだバックパッカーという言葉が輝いていた時代の旅の話を中心に、徒然なるままに…


by Katsu-Nakaji

カテゴリ:線路( 1 )

ユニトラック改軌

篠原が生産終了したとの悲報を受け、現有の10.5ミリフレキを節約するために、490Rのユニトラックの改軌を試みてみました。
d0101131_14190774.jpg
方法は3種類。右から、内側レールの方を6ミリ詰めたもの、中心を詰めたもの、そして幅は詰めずに枕木を平にヤスり、レールを敷き直したものです。幅詰めしたやつは枕木は、長さはちょうど良いのですが塗装をしてもバラストを撒いても、どうしてもずれが目立ってしまいます。それに、ユニトラックの特徴である強固な接続ジョイナーの機能も片方殺してしまうことに。ということで、道床の幅は詰めず、レールを改軌する方法を採用しました。

もともとのレールを留める爪は削り取ると穴が開いてしまうので、それを粘着タイプの瞬間接着剤で埋め、枕木はブラウンに塗り替えました。レールは主にさらさらタイプの瞬間留め。ゲージに注意しつつ指で押さえながら留めます。
d0101131_14285489.jpg


ユニトラックのレールはある程度曲がりができているので留めるのは瞬間だけてもよさそうですが、接続部と中央部はスパイクを打って補強しています。ユニジョイナーは、いわゆるジョイナー部分を逆さまにして目立たなくしました。レールの接続はコード70用のジョイナーが使えます(これもなくなってしまうのか!)。

尚、軌間を詰めると、外側のレールが長くなり内側の長さが足りなくなるので、外側を1.0−1.5ミリ切り取りそれを内側にハンダ付けして継ぎました。またレールジョイナーに当たる枕木部分は堀り込んであります。
d0101131_14342353.jpg


若干レールの長さが足りなかったようですが、まぁいいでしょう。長めの枕木も、ナローっぽさが出ているかも。
d0101131_14512114.jpg

ユニジョイナーとの当たりを調整すれば、12ミリも大丈夫そうです。

篠原に続いて珊瑚模型も生産を終了するとのこと。ショックでした。自分の模型人生は、まだ環七に面していた珊瑚の木戸を開け「鉄道模型の本ください」(鉄道模型趣味の存在は知らなかった)と言った時、始まりました。50年程前ですか。「模型は作るもの」ーはここで学びました。「時代の流れ」と片付けてしまえばそれまでなのですが、「分解しないでください」と表示する、システマティックなものだけが蔓延ってゆく今の日本、それで本当にいいんでしょうかね。自分は嫌です。

by Katsu-Nakaji | 2018-11-19 15:48 | 線路 | Comments(0)