気になるバイオニュース、ちょっとマニアックな鉄道模型、心に滲みる酒場、まだバックパッカーという言葉が輝いていた時代の旅の話を中心に、徒然なるままに…


by Katsu-Nakaji

カテゴリ:16番宮沢Bテンダー改造( 5 )

16番宮沢Bテン5

動輪が3軸になったので、サイドロッドは新製します。ただその前にロッドピンを作りました。
外径2ミリ、内径1ミリの真鍮パイプの内径を1.2ミリに広げ1.4ミリのタップを立てたあと、1.4ミリビスにねじ込んで完成です。

d0101131_02285739.jpg

サイドロッドは1ミリステンレス板。はじめ、そこそこ正確に作ったつもりが完璧に引っ掛かり、「おっかしーなー」とよく見れば、なんど第2動輪のクランク半径が違うではありませんか。実測してみると、第2動輪2.5ミリ、ほかは3.5ミリでした。というわけで手持ちの中から同じメーカー製と思われる、1040形用にとっておいた内の1軸を再度フランジを削り充当しました。
交換後は、若干ロッドの穴を削っただけでスムースに回転し、一安心です。
d0101131_02374973.jpg
サイドロッドのエンドは長方形に仕上げる予定。その次はメインロッドとクロスヘッドです。クロスヘッドはどんな形のにしましょうか?自由形は、自由で楽しいです。

[PR]
by Katsu-Nakaji | 2018-02-21 02:47 | 16番宮沢Bテンダー改造 | Comments(0)

16番宮沢Bテン4

この1週間風邪を引き、工作は殆ど進まず。フロントデッキにエンドビームにあたる5ミリ幅に切り出した0.3ミリ真鍮板を巻き付け、デッキを台枠にハンダ付けのみです。

当初の寸法より、シリンダー(少し下げすぎだった)とフロントデッキを0.3ミリほど上に上げ、ボイラーの細さを目立たなくしてます。まぁこんなもんでしょうか。

d0101131_00160964.jpg

d0101131_00181684.jpg
ブレイスが絶対必要ですね。


[PR]
by Katsu-Nakaji | 2018-02-02 00:21 | 16番宮沢Bテンダー改造 | Comments(0)

16番宮沢Bテン3

モーターをDV18(でしょうか?)から万世橋横で買った平べったいカンモーターに換装するため、台枠後部の欠き取り部を大きくします。
d0101131_02294510.jpg

モーター取り付け板のビス穴を広げ、装着したところ。OKでしょ。ウォームは、モーター軸に1.5x2.4ミリのエコーを精密パイプを被せて取り付けました。
d0101131_02372408.jpg

モーターを隠すためにはエアータンクは絶対必要なのですが、モーター(旧)との干渉を避けるため、あまりにキャブからはみでてハンダ付けされていたので、内側に移動させました。その結果、新モーターとも干渉するので、モーターツールでエアータンク及びキャブ床板の内側を削りました。工作のついでに、キャプのハンダ付けも一部やり直してます。
d0101131_02443172.jpg

うまく収まりました。モーターも目立ちません(もっと小型のモーターを使えばこのような作業は必要なかったのですが、スーパーパフォーマンスを期待して、慣性があるこのモーターを使ってみたかったのです)
d0101131_02503114.jpg

[PR]
by Katsu-Nakaji | 2018-01-25 02:52 | 16番宮沢Bテンダー改造 | Comments(2)

16番宮沢Bテン2

再計測の結果、シリンダは1ミリほど下げれば良い事が判明。で、メインフレームのシリンダ受け部分を1ミリ下方に削り、ついでにフロントデッキ下部の形も変えました。
d0101131_02420407.jpg

いいみたいです。シリンダを下げた分、シリンダ上部の蒸気室を1ミリ厚真鍮片を貼り付け、厚くしました。
d0101131_02472254.jpg

ボイラとサドルとの間も1ミリの隙間ができるので、1ミリ厚真鍮片をカーブさせサドル受けとします。普通だと受けにこの厚さの板は使わないのですが、この機関車には合ってるみたいです。蒸気室の蓋は0.6ミリ真鍮板。アンチ製のシリンダは柔らかくて加工が大変です。
d0101131_02532660.jpg

フロントデッキは0.5ミリ真鍮板から。
d0101131_02554195.jpg

自分としては異例のスピードで工作が進んでます。






[PR]
by Katsu-Nakaji | 2018-01-13 02:59 | 16番宮沢Bテンダー改造 | Comments(0)

16番宮沢Bテン1

16番日本型は古典自由形中心に、そのうちのんびり楽しみたいなぁ〜なんて考えていたのですが、コン様の記事に刺激を受けたのと、青梅の鉄道博物館のレイアウトで模型社のBタンクの走行を見た事で、オークションに出ていた宮沢のBテンダー(以前から気にはなってました)を落札してしまいました。
d0101131_00341979.jpg


かっこいーですねー。でも手持ちの11.5ミリ動輪を使って、C型へとがらっとイメチェンします。
先ず第1動輪から12.5ミリ位置に軸穴を開け、
d0101131_00385027.jpg


第2動輪のフランジを削り落としました。フランジがあると左右の動輪ときつきつなので。
d0101131_00414784.jpg


8.5ミリのスポーク車輪と合わせてみると、こんな感じに。煙突はエコーのパーツを乗せてみました。
d0101131_00445027.jpg

よく見ると、シリンダーと動輪の中心が合ってませんね。シリンダーを2.5ミリ下げることにします。

[PR]
by Katsu-Nakaji | 2018-01-02 00:52 | 16番宮沢Bテンダー改造 | Comments(4)