人気ブログランキング |

気になるバイオニュース、ちょっとマニアックな鉄道模型、心に滲みる酒場、まだバックパッカーという言葉が輝いていた時代の旅の話を中心に、徒然なるままに…


by Katsu-Nakaji

中ざと(4)

親友のS君と、三ノ輪の「中ざと」で飲みました。

去年から「行こう」と言っていたのがやっと実現したものです(前に一度来たんですが、時刻が遅く暖簾が片付いてました)。

雨降る中、S君より30分程度早く、6時半ごろ到着。前回のことがあったので、「今日はどんな感じかなぁ」とちょっとドキドキしながら小さい方の扉を開けると、そこにはいつもの「中ざとワールド」が広がっていました。

カウンターの左半分とその後ろにある2人掛けテーブルには近所の常連の爺ちゃんたちが5~6人、テーブル席と小上がりにははサラリーマンのグループがちらほらといったところでしょうか。実に穏やかな空気が流れています。

いつものようにカウンターの右端に陣取り、これまたいつものように酎ハイとモツ煮込みを注文して、常連さんたちの話に耳をそばだてます。

ここでちょっとうれしい出来事がー。

酎ハイは生レモンもつけてもらえるんですが、僕は「レモン無し」でお願いしています。これまでは「レモンは?」とママさんに聞かれていました。それが今回は「レモン無しですよね」と言ってくれたのです。憶えてくれたんですねぇ。

すっかり気分が良くなって、S君が現れるころにはエンジン全開。イチオシの豚バラカツも登場して、彼も急ピッチで追い付いてきます。何杯おかわりしたでしょうか。大いに飲み、語った中ざとの夜でした。

そういえば、S君の指摘で気がついたのですが、風鈴の音が聞こえないのです。しまっちゃったのかな?今度聞いてみましょう。
by Katsu-Nakaji | 2008-03-21 15:25 | 大衆酒場 | Comments(0)