気になるバイオニュース、ちょっとマニアックな鉄道模型、心に滲みる酒場、まだバックパッカーという言葉が輝いていた時代の旅の話を中心に、徒然なるままに…


by Katsu-Nakaji

テツモのBタン4

スティームドーム上の汽笛、安全弁は真鍮丸棒からのドリルレースで、円盤にまとめるおなじみの手法です。
d0101131_02052680.jpg

ボイラーバンドは0.08ミリの真鍮薄板から切り出し巻き付け、
d0101131_02074151.jpg


サンドドームに砂巻き管と元栓を、0.8x0.5ミリパイプや0.3ミリ真鍮板などからつくり接着しました。
d0101131_02110538.jpg


つぎに、砂巻き管をボイラーとサイドタンクの隙間に通すため、一枚板で作られていたサイドタンクの間をさらに切り込んで、キャブ手前の一部を残し分離します。
d0101131_02150621.jpg

これで管が通りました。
d0101131_02160586.jpg


左右タンクのなかは鉛板を詰めて、同時にタンクのサイド板とします。
d0101131_02174024.jpg
d0101131_02180158.jpg

大分できあがってきました。シリンダーブロックは、スライドバーを鉛メッキする際取り外せないので液に一緒に浸したところ、塗装が残っていたのにも関わらず、綺麗にメッキされてしまいました。
d0101131_02205151.jpg

[PR]
# by Katsu-Nakaji | 2018-05-19 02:25 | 鉄道模型社Bタンク | Comments(0)

テツモのBタン3

モーターは、くろがねのアヒルで抜群のパフォーマンスを見せたPPN7Kを、1ミリ真鍮板でアダプターを作りフレームに取り付けました。
d0101131_23531683.jpg

集電ブラシはオリジナルがあまりにも目立つので、元の穴を埋め、作り直し。以前から使ってみたかった、秋葉原の秋月電子でみつけた薄いプリント基板に燐青銅板(オリジナルから流用)をハンダ付けし、基板をフレームにビス止めしました。この際、フランジ集電に変更しています。ポイントは、写真に写っている表側ではなく(細かいブロックが独立しており、ハンダ付けした部分しか通電されない)、全面絶縁されている裏側を必要部分削って使うことですか。
d0101131_00002859.jpg

蛇足ながら、フレームへの取り付けで絶縁の必要はありません。
d0101131_00005940.jpg


非絶縁側の結線はこんな感じ。
d0101131_00084922.jpg

次に、ロッドです。以前から、16番入門用自由型蒸機はクロスヘッドとロッドをすっきりさせるだけでかなりイメージがアップするのではないかと考えていたので、サイドロッドは裏返してから平ヤスリ、メインロッドはモーターツールのダイヤモンド砥石を主に使い削りました。また、クロスヘッドの上半分は0.3ミリ洋白板をカチッと曲げてハンダ付けしてます。
d0101131_00150696.jpg
写真で分かるように、はじめはクロスヘッドにリベットを植え込んだのですが、このモデルにはそぐわないので削り落としました。周りとのバランスも取れ、すっきりしたと思います(サイドタンクに残るリベットの痕は完全に削りとります)。削った後のロッド類は真鍮の地肌が出たので、鉛メッキをしてみました。スライドバーの黒塗装はおかしいのではがしてみると、何と材質は銅でした。これも後でメッキですね。
d0101131_00554028.jpg

さて上回りに戻って、煙室扉を0.3ミリと1ミリ真鍮板の組み合わせで作りました。両方とも、ほぼ円形にした後ドリルレースです。ヒンジは0.8x0.3ミリ帯板を0.4ミリ洋白線に絡ませて出来上がり。煙室扉ハンドルは、どの形にするか検討中です。
d0101131_01085854.jpg

ところでモーターですが、試運転したところ、くろがねのアヒルのようなトルクフルな走りではなく、勾配の上りと下りでかなり速度が変わります。恐らく低ギアーレシオには相性があまり良くないのでしょう。その後コン様にミネベアの高性能モーター分けていただきかなり良いことが確認されたので交換を考えたのですが、それらは、現在製作中の12ミリの7270形ほか計画中のナロー機関車に回す事にしました。Bタンは、別のPNN7Kに換装したところ走りが向上したので、継続使用としました。


[PR]
# by Katsu-Nakaji | 2018-04-28 01:28 | 鉄道模型社Bタンク | Comments(0)

テツモのBタン2

フロントデッキ、フロントエンドビーム、リアエンドビームは0.6ミリ真鍮板からの切り出しです。リアビームは上回りにつくので、カプラーを逃げるため下まで抜きました。
d0101131_00363761.jpg

フロントデッキとビームは直角に付けますが、フレームにハンダ付けする際バラバラにならないように2点ほどロウ付けして残りの部分にハンダを流しました。
d0101131_00400998.jpg

リアはこんな感じに
d0101131_00422594.jpg
お気づきのように、コールバンカーを0.3ミリ真鍮板を折り曲げて付け足しました。この罐のようにサイドタンク前方が斜めに欠き取られているタイプは、コールバンカーもこのようにした方がバランスが取れて良いように思います。なお、キャプの入り口があまりに狭く、このままでは乗務員が乗り込むのに一苦労なので、1ミリほど後方を広げてあります。
d0101131_00464063.jpg

奇しくも、宮沢B(C)テンのフロントとBタンのリア上辺が揃いました。
d0101131_00513249.jpg

[PR]
# by Katsu-Nakaji | 2018-03-27 01:02 | 鉄道模型社Bタンク | Comments(3)

テツモのBタン1

宮沢のB(C)テンのロッドが上手くいったので、ほっと一息していると、目がこっちの方に…。
模型社のBタンのイメージを崩さないように、少し手を加えます。DV18モーターを収容するために、上回りが前方により過ぎてます。貧相な煙突、ドーム類も交換するのですが、写真は仮置きです。
d0101131_23171362.jpg


上回りの後ろにずらしてみました。安定したプロポーションになったと思います。床板が欲しくなったので、厚紙で様子を見ている所です。
d0101131_23214738.jpg


煙突はおしゃかになったリリパットのCタンクから移植。スティームドームはオリジナルのドームを継ぎ足して削り直し、サンドドームは仮置きで使ったエコーのパーツが大きすぎたので、9400で失敗したものを小さくして流用しました。サンドドームの裾は0.3ミリの真鍮片をロウ付けして整形したものです。ロウ付けすると、サンドパイプ元栓のハンダ付けも安心してで来ますし、切削後の本体との一体感がハンダを使うよりあるようです。
d0101131_23292514.jpg

床板は0.6ミリ真鍮板から。左右一体となっていたサイドタンクを切り離したあとハンダ付けしました。
d0101131_23423536.jpg


なお、シリンダの中心と動輪の中心が揃うように、シリンダを0.5ミリ持ち上げてます。
d0101131_23430566.jpg

作業中にサイドタンクのリベットの一部を削ってしまったので、思い切ってすべて削ってしまいました。その結果サイドがのっぺりしてしまったので、キャプとサイドタンクとの間に溝を切っておきました。テツモのBタンはやや近代的なスタイルをしているので、リベット(サイドしかなかった)はむしろ無い方がいいかも知れません。
d0101131_23475308.jpg


参考までに
d0101131_23491734.jpg





[PR]
# by Katsu-Nakaji | 2018-03-13 23:59 | 鉄道模型社Bタンク | Comments(0)

16番宮沢Bテン5

動輪が3軸になったので、サイドロッドは新製します。ただその前にロッドピンを作りました。
外径2ミリ、内径1ミリの真鍮パイプの内径を1.2ミリに広げ1.4ミリのタップを立てたあと、1.4ミリビスにねじ込んで完成です。

d0101131_02285739.jpg

サイドロッドは1ミリステンレス板。はじめ、そこそこ正確に作ったつもりが完璧に引っ掛かり、「おっかしーなー」とよく見れば、なんど第2動輪のクランク半径が違うではありませんか。実測してみると、第2動輪2.5ミリ、ほかは3.5ミリでした。というわけで手持ちの中から同じメーカー製と思われる、1040形用にとっておいた内の1軸を再度フランジを削り充当しました。
交換後は、若干ロッドの穴を削っただけでスムースに回転し、一安心です。
d0101131_02374973.jpg
サイドロッドのエンドは長方形に仕上げる予定。その次はメインロッドとクロスヘッドです。クロスヘッドはどんな形のにしましょうか?自由形は、自由で楽しいです。

[PR]
# by Katsu-Nakaji | 2018-02-21 02:47 | 16番宮沢Bテンダー改造 | Comments(0)

16番宮沢Bテン4

この1週間風邪を引き、工作は殆ど進まず。フロントデッキにエンドビームにあたる5ミリ幅に切り出した0.3ミリ真鍮板を巻き付け、デッキを台枠にハンダ付けのみです。

当初の寸法より、シリンダー(少し下げすぎだった)とフロントデッキを0.3ミリほど上に上げ、ボイラーの細さを目立たなくしてます。まぁこんなもんでしょうか。

d0101131_00160964.jpg

d0101131_00181684.jpg
ブレイスが絶対必要ですね。


[PR]
# by Katsu-Nakaji | 2018-02-02 00:21 | 16番宮沢Bテンダー改造 | Comments(0)

16番宮沢Bテン3

モーターをDV18(でしょうか?)から万世橋横で買った平べったいカンモーターに換装するため、台枠後部の欠き取り部を大きくします。
d0101131_02294510.jpg

モーター取り付け板のビス穴を広げ、装着したところ。OKでしょ。ウォームは、モーター軸に1.5x2.4ミリのエコーを精密パイプを被せて取り付けました。
d0101131_02372408.jpg

モーターを隠すためにはエアータンクは絶対必要なのですが、モーター(旧)との干渉を避けるため、あまりにキャブからはみでてハンダ付けされていたので、内側に移動させました。その結果、新モーターとも干渉するので、モーターツールでエアータンク及びキャブ床板の内側を削りました。工作のついでに、キャプのハンダ付けも一部やり直してます。
d0101131_02443172.jpg

うまく収まりました。モーターも目立ちません(もっと小型のモーターを使えばこのような作業は必要なかったのですが、スーパーパフォーマンスを期待して、慣性があるこのモーターを使ってみたかったのです)
d0101131_02503114.jpg

[PR]
# by Katsu-Nakaji | 2018-01-25 02:52 | 16番宮沢Bテンダー改造 | Comments(2)

16番宮沢Bテン2

再計測の結果、シリンダは1ミリほど下げれば良い事が判明。で、メインフレームのシリンダ受け部分を1ミリ下方に削り、ついでにフロントデッキ下部の形も変えました。
d0101131_02420407.jpg

いいみたいです。シリンダを下げた分、シリンダ上部の蒸気室を1ミリ厚真鍮片を貼り付け、厚くしました。
d0101131_02472254.jpg

ボイラとサドルとの間も1ミリの隙間ができるので、1ミリ厚真鍮片をカーブさせサドル受けとします。普通だと受けにこの厚さの板は使わないのですが、この機関車には合ってるみたいです。蒸気室の蓋は0.6ミリ真鍮板。アンチ製のシリンダは柔らかくて加工が大変です。
d0101131_02532660.jpg

フロントデッキは0.5ミリ真鍮板から。
d0101131_02554195.jpg

自分としては異例のスピードで工作が進んでます。






[PR]
# by Katsu-Nakaji | 2018-01-13 02:59 | 16番宮沢Bテンダー改造 | Comments(0)

16番宮沢Bテン1

16番日本型は古典自由形中心に、そのうちのんびり楽しみたいなぁ〜なんて考えていたのですが、コン様の記事に刺激を受けたのと、青梅の鉄道博物館のレイアウトで模型社のBタンクの走行を見た事で、オークションに出ていた宮沢のBテンダー(以前から気にはなってました)を落札してしまいました。
d0101131_00341979.jpg


かっこいーですねー。でも手持ちの11.5ミリ動輪を使って、C型へとがらっとイメチェンします。
先ず第1動輪から12.5ミリ位置に軸穴を開け、
d0101131_00385027.jpg


第2動輪のフランジを削り落としました。フランジがあると左右の動輪ときつきつなので。
d0101131_00414784.jpg


8.5ミリのスポーク車輪と合わせてみると、こんな感じに。煙突はエコーのパーツを乗せてみました。
d0101131_00445027.jpg

よく見ると、シリンダーと動輪の中心が合ってませんね。シリンダーを2.5ミリ下げることにします。

[PR]
# by Katsu-Nakaji | 2018-01-02 00:52 | 16番宮沢Bテンダー改造 | Comments(4)
年がかわったのですが、2017年最後の工作について。

くろがねのアヒルのモーターの交換は、オリジナルの取り付け板をモーターに接着するだけで問題なく終了しました。このモデルの走行性能にネックとなっていたステンレス製の集電ブラシは、捻ってタイヤ集電からフランジ集電へ変更。これだけでブラシが線路の埃を拾わなくなり、トルクフルなモーターと相まって、スローからの安定した走行が可能になりました。
d0101131_01104148.jpg


この後上回りを被せると、上手く合いません。「キャブ内部の寸法は大丈夫なはず」とじっくり見てみると、伏兵がいました。前妻板窓セルの厚み分引っ掛かっているのです。そこで、モーターの前部を若干削るとともに、窓セルを、ホームセンターなどで製品を梱包している薄手のプラスティクに変える事で事なきを得ました。

真鍮部の磨き出し直しや、塗装など化粧直しをし、リフレッシュ完了。亀の子も同じようにして完成です。
d0101131_01255756.jpg

[PR]
# by Katsu-Nakaji | 2018-01-01 01:31 | 9ミリナロー:くろがねのアヒル | Comments(0)