気になるバイオニュース、ちょっとマニアックな鉄道模型、心に滲みる酒場、まだバックパッカーという言葉が輝いていた時代の旅の話を中心に、徒然なるままに…


by Katsu-Nakaji

<   2017年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

7271形、はじまり

さて、線路関係はdda40x様より樹脂シートを分けていただきメドがついてきたので、車両工作を再開しようと思います。

以前より候補に挙げていたのが日本甜菜製糖の7271(鉄道讃歌、北のOLD Americanでおなじみですね)と米Argent Lumber Co. のNo.3 Porter(写真を見れば見るほど難物ですが、かっこいい)。気持ちはArgentに傾いて、ヤフオクでつぼみの8.5ミリ動輪を調達していたのですが、12ミリ系列の動力車が8721と9400のみというお粗末さ。というわけで、サブロク路線充実のため7271の増備を決定したのです。
d0101131_01121457.jpg
図面を描いてると、どんどんこの機関車が好きになってきました。原型ではないものの、ブルックス特有の味のある形をしています。実物は動輪がやや小さく足回りが貧弱な感じがしますが(それがまた悪くないんですけど)、手持ちのやや大きめ(12.5ミリ径)の動輪を使うと本線で使えそうな、しっかりした感じになりました。

実物のスティームドーム(カバー)はワゴントップの傾斜部分にあって前方に傾いて付いてますが、図では垂直に直してあります。ただ、傾いたドームも1つの特徴ではあるので、描き直そうか思案中。デザインは難しい。
d0101131_01400968.jpg
モーターは万世橋の日米無線電機で3個500円の代物。厚み11.5ミリ強、長さ20ミリ弱で中々トルクがあります。狭火室の7271にも納まります。6V仕様(だったと思う)ですが、9400のマシマの12ミリ径と交換したところ、スローも効き、音も静かになりました。1/87古典機には結構使えそうです。

先輪はスケールでは7.5ミリのスポークですが市販にはないので、写真の9ミリゲージ電機の同径の車輪にスポークを抜くか、8.5ミリスポークを削るか、検討中です。




[PR]
by Katsu-Nakaji | 2017-05-08 02:28 | 12ミリ蒸機7270 | Comments(4)