「ほっ」と。キャンペーン

気になるバイオニュース、ちょっとマニアックな鉄道模型、心に滲みる酒場、まだバックパッカーという言葉が輝いていた時代の旅の話を中心に、徒然なるままに…


by Katsu-Nakaji

<   2016年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

キットオリジナルの形は実物に見当たらないので、キャブのステップを作ります。形はいくつかあるようですが、作りやすいものにしました。

0.5ミリ真鍮板にあらかじめカキで折り曲げ線に溝を掘ったうえで5x4ミリに切り出し、曲げました。かっちり見せるために、それぞれの面にヤスリを当ててます。
d0101131_17493811.jpg


フレームは0.6ミリの洋白角線です。
d0101131_17511131.jpg


出来上がり
d0101131_1752419.jpg


床板には0.8ミリの穴を開け、ぎゅっと差し込んで接着。
d0101131_1757179.jpg


ステップ付けることで、この辺りが引き締まった感じです。
d0101131_1759728.jpg


非エンジン側も
d0101131_180464.jpg


ステップが思いのほか早く出来てしまったので、軽工作できる所を探してみると、工具箱に色気がありません。ということで、蓋のヒンジを付けてみました。0.1ミリ燐青銅板をハサミで幅1ミリ弱程度に切り出し、リベットを打って曲げただけです。
d0101131_185464.jpg


意外に効果的だったのでは?
d0101131_1864599.jpg

[PR]
by Katsu-Nakaji | 2016-02-28 18:08 | 9ミリナロー:シェイ | Comments(0)

ベーカー型カプラー

たまたまベーカー型が一組出てきたので、古いTMSに「細く削ろう!」とあったのを思い出し、やってみました。モーターツールであっという間です。
d0101131_0285578.jpg


ぐっと「男前」になったような
d0101131_0303056.jpg


バッファー付き古典機には「あり」だと思います。連結、牽き出しの音もいいですしね
d0101131_0324493.jpg

[PR]
by Katsu-Nakaji | 2016-02-27 00:35 | その他 | Comments(0)
このキットでどうしてもしたかったのは、閉め切っている窓の片方を開けることでした。じゃないと、乗員が走行中、窓から身を乗り出せませんから。
d0101131_0125578.jpg

こんな感じにします。
d0101131_074681.jpg


工作は、後方の窓枠を注意して削り、窓周囲に水切りとシルを付けるだけです。

先ず削りました。削ってみると、キャプ内側の補強部の肉厚がもろに見えてしまったので、その部分の切削がむしろ大変でした。なんせ、ソフトメタル(「ホワイト」ではなくあえて「ソフト」と言います)なのでヤスリ目がすぐ詰まってしまいます。モーターツールの刃は出来るだけ荒いものを使いました。
d0101131_0213867.jpg

d0101131_022353.jpg


水気切りは0.3ミリの燐青銅線、シルは0.5ミリ真鍮線。シルは据わりがいいようにやや甲丸状にしてあります。
d0101131_0241963.jpg

d0101131_0244643.jpg


キーストンシェイの大修繕も、終盤にさしかかってきたようです。

(写真クリックすると大きくなります)
[PR]
by Katsu-Nakaji | 2016-02-22 00:31 | 9ミリナロー:シェイ | Comments(0)