「ほっ」と。キャンペーン

気になるバイオニュース、ちょっとマニアックな鉄道模型、心に滲みる酒場、まだバックパッカーという言葉が輝いていた時代の旅の話を中心に、徒然なるままに…


by Katsu-Nakaji

<   2015年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

非空制化シェイは、大抵非エンジン側キャブ下に蒸気プレーキシリンダーを装備しています。
形態にはバラエティーがあるようですが、ケリー島プロトタイプに沿った形とします。管継手が4カ所で、ボルトの数も多いです。
d0101131_15120100.jpg


当初、外径2ミリ、内径1ミリの真鍮パイプを中心に、継手は3ミリ真鍮丸棒の中心に1.7ミリの穴をあけ輪切りにし、ボルトは4カ所に省略。0.5ミリ真鍮板を切り抜いて整形した菱形の継手を外径1ミリ、内径0.8ミリのパイプに通して本体と合体させました。
d0101131_1585747.jpg


ドレイン関係は、ドリルレースした0.5ミリ真鍮線と0.4ミリ洋白線を組み合わせることに。
d0101131_212945.jpg


こんなイメージに
d0101131_224177.jpg


このあと、本体部品を全て固定する段になって、プッツーンと飛ばしてしまい、シリンダーは黄泉の世界に。ここでしばらく足踏みしました。でも、よく写真を見てみると、結構なオーバースケールです。継手のボルトも4本ですし。

というわけで、作り直しです。全体に1.5分の1程度にしました。結果、まともなものが出来たと思います。ここまで出来た時、黄泉の国へ行っていた子も戻ってきました。不思議なものです。
d0101131_292721.jpg


ボルトも8本にしました。あ、0.3ミリ洋白線です。それと、菱形継手の先は0.8x0.5ミリパイプ。蒸気シリンダーは予想以上に作り応えのあるパーツです。
d0101131_211717.jpg

[PR]
by Katsu-Nakaji | 2015-10-21 02:11 | 9ミリナロー:シェイ | Comments(2)