「ほっ」と。キャンペーン

気になるバイオニュース、ちょっとマニアックな鉄道模型、心に滲みる酒場、まだバックパッカーという言葉が輝いていた時代の旅の話を中心に、徒然なるままに…


by Katsu-Nakaji

<   2015年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ラインシャフト部分で、先に作ったカプリングリングの次に気になっていたのが、後部台車側のよれよれになっていたシャフトです。これを1ミリ洋白角棒で作り直します。

先ず、ぶった切ります。
d0101131_0333132.jpg


カプリングの中心に0.8ミリの穴を開け、
d0101131_0344941.jpg


角棒の入り込む部分を0.8ミリ径にドリルレースして差し込みました。反対の端は、スリーブにはまり込む部分の角をあらかじめなめておきます。これによってラインシャフトへの干渉がなくなりスムースに回転するようになるのです。これは、ラインシャフトが「お飾り」構造のシェイを走らせるための、ある種の「逃げ」です。
d0101131_0423331.jpg


後方のスリーブは、結局作り直すことに。0.2ミリ燐青銅板を、Pカッターで1.4ミリ幅に筋を入れ折り曲げました。今野さんが指摘していたように、最後に折り曲げる部分はやや狭めに。自分は0.2ミリ幅を狭めて、正方形に近い形に仕上がるようにしました。簡単に書いてますが、4つ目で何とかものに。手順とある程度の工夫が必要で、勉強になりました。
d0101131_0493694.jpg


ラインシャフト部の修繕完了です。
おそるおそる線路に乗せて走らせてみると、以前よりスムースで、しかも曲線通過性能が、以前の250〜260Rから200Rへと大幅に向上してました。うれしい誤算です。
d0101131_0543157.jpg

[PR]
by Katsu-Nakaji | 2015-06-17 00:59 | 9ミリナロー:シェイ | Comments(0)
シリンダーケース(下部シリンダーフレーム)は、クランクシャフト等を組み込んでからの塗装は厄介なので先に黒く塗り、シリンダーと合体させます。実物では左右シリンダーの間に、下部フレームとの取り付け補強棒があるので、それを真似て、0、4ミリ洋白線を使いモデルでも実際に取り付け強度を確保しました。
d0101131_1113172.jpg


クランクシャフト部を組み込みました。おおっ、ダイナミックです。
d0101131_1125843.jpg


キットでは表現されていないのですが、プロトタイプのエンジンの上部シリンダーフレームはフィンのような形状をしています。
d0101131_1175958.jpg


そこで、こんなものを作ってシリンダー側面に貼付けます。材料は、0.5ミリ真鍮板と0.8x0.3ミリの洋白帯板です。リベットは0.3ミリ洋白線の植え込み。
d0101131_1201963.jpg


貼付けました。
d0101131_1215083.jpg


さて、エンジン回りの仕上げとして、タンブリングシャフト(逆転棒)を作ります(これも、キットのホワイトメタルパーツは崩壊してしまいました)。ハイライトとなるシャフト受けは、0.8x0.8ミリ真鍮角線。先ず、ボルトとして埋め込む0.3ミリの穴を開け、
d0101131_1301946.jpg


残りの面にシャフトを貫通させる0.4ミリの穴を開けます。
d0101131_1314447.jpg


斜めから見るとこんな感じ。
d0101131_133826.jpg


シャフト受けを2個に切り分けそれぞれにボルトを植え込み、1x0.3ミリ真鍮帯板を整形したシャフトレバーに0.4ミリ洋白線を貫通させて出来上がり。
d0101131_136349.jpg


これをフレーム側面に接着。
d0101131_1381138.jpg


エンジン回りの精密感(あくまで「感」ですが)が増しました。
d0101131_1403912.jpg


エンジン回りはこれでおしまい。次はラインシャフト部ですかね。
d0101131_1422258.jpg

[PR]
by Katsu-Nakaji | 2015-06-09 01:52 | 9ミリナロー:シェイ | Comments(2)