気になるバイオニュース、ちょっとマニアックな鉄道模型、心に滲みる酒場、まだバックパッカーという言葉が輝いていた時代の旅の話を中心に、徒然なるままに…


by Katsu-Nakaji

<   2012年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

指で転がす分には引っ掛かりもなくスムースに動輪は回転するのですが、実際モーターでギアを回したらどうか分からないので、そうできるようモーターブラケットを作りました。

材料は1ミリ真鍮板で、ごらんの通り。モーター取り付けビスは取り付け方向の関係から一カ所としました。厚板の折り曲げは、折り曲げ線に穴を開けるとその線通りに曲がります。
d0101131_0321484.jpg


「さて次は何を作ろうか…、ロッドかな」と思ったものの、シリンダーがないとメインロッドを作っても調整できないので、シリンダーを作ることに。

本体は4ミリ径の真鍮丸棒。ただし、手持ちがわずかなので、5ミリ棒の削りました。中心を1ミリ穴が貫通しています。前後蓋も5ミリ棒を削って4.5ミリにし、外径1ミリ、内径0.8ミリのパイプで串刺しにしハンダ付けしました。シリンダー上部の弁室1階部分は1.7ミリ厚の真鍮板。市販(プロ用材料専門店にはあるかも知れませんが)には無い寸法なので、幅6ミリ、厚さ3ミリの真鍮平棒を削って作成してます。どーんと刺さってるのは1ミリパイプで、シリンダーを弁室にハンダ付けする際のノックピンになる予定です。
d0101131_0415780.jpg



シリンダーの後蓋には一回り直径の小さい板も一緒にハンダ付けしました。上部にはスライドバー取り付けのための溝を掘ってあります。
d0101131_0585078.jpg



前蓋はこんな感じ。中心の突起は、0.8ミリ燐青銅線をシリンダー中心を貫いてるパイプに浅く差し込んでハンダ付け。その後、カップカッターで頭を丸めました。
d0101131_194944.jpg




ここまでに出来上がった主要部品です。手前の細い角棒は0.6x0.6ミリの洋白で、スライドバーです。モーターを組み付けて通電したところ、動輪は前後進ともスムースに回りました。
d0101131_1141518.jpg

[PR]
by Katsu-Nakaji | 2012-06-25 01:19 | 9ミリナロー:南軽516号 | Comments(0)