「ほっ」と。キャンペーン

気になるバイオニュース、ちょっとマニアックな鉄道模型、心に滲みる酒場、まだバックパッカーという言葉が輝いていた時代の旅の話を中心に、徒然なるままに…


by Katsu-Nakaji

<   2011年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

南軽516号、寸法修正

はじめに引いた図面では、何となく自分のイメージと違うので、キャプを除く部分の寸法を見直しました。

その結果、ボイラー径を0.5ミリ細くして9.5ミリにすると共にボイラー中心を0.25ミリ下げ、若干地面を這う感じを強めたほか、動輪間隔を変更しました。

ごくわずかな変更ですが、これでぐっと自分好みの機関車になりました。デザインは微妙です。

ところで思案中だった動輪ですが、コン様がら提供していただくこととなり(ロッドピンも!)一気に問題解決。あらためて感謝致します。届くのが楽しみです。きっとすばらしい動輪だと思います。ただ、それに見合う模型が作れるかは、甚だ不安なのですが…。
d0101131_03096.jpg

[PR]
by Katsu-Nakaji | 2011-10-31 00:29 | 9ミリナロー:南軽516号 | Comments(0)

南軽516号、製作開始

9400型のナンバープレートも曲がりなりに作り終え(塗装はどーした!という声は無視して)、模型生活的には「ほけ〜」っとしとりましが、机の上を整理していると何やら「ムラムラ」感が。という訳で引き始めた図面がこれです。もちろんお分かりのように、南軽516号機です。

以前、「ダックス祭り」に参加しようと、ダックスの余剰部品と河合商会の2120の下回りを組み合わせた「南軽風ダックス」を粗製しようとしたのですが、仕事で参加も叶わなくなり、パーツ類は引き出しの奥へと仕舞われたのでした。

今回はイベント参加という時間的制約が一切ないので、ダックス・ストーリー/87Precinct/けむりプロに洗脳されてしまった者にとってはイコンとも言えるこの機関車を、自分なりにまともに作って見ようかなと思う所存です。果たして完成まで持ち込めるかどうか目一杯不安なんですけど…。

先ずは動輪です。ジャンクボックスにあるつぼみの8.5ミリはたった1軸。これじゃ話になりません。中古で買ったトミー製ED70の動輪(7.65ミリ)を眺めつつ、「どーにかならんだろうか?」と思案中です。坂本衛さんのようにパイプを使った製作法も刺激的で、気がついたら、ホームセンターで外径8ミリのステンレスパイプと7ミリの真鍮丸棒(実はもう下見はすんでたりして)を購入してしまってるかも知れません。
d0101131_030090.jpg

[PR]
by Katsu-Nakaji | 2011-10-11 00:30 | 9ミリナロー:南軽516号 | Comments(1)