気になるバイオニュース、ちょっとマニアックな鉄道模型、心に滲みる酒場、まだバックパッカーという言葉が輝いていた時代の旅の話を中心に、徒然なるままに…


by Katsu-Nakaji

<   2009年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

キャブの左右側板のリベッティング、窓抜き、周囲の切り抜きが完了し、前後妻板の工作に取りかかったところです。材料は0.2ミリの燐青銅板を使っています。

木製キャブの鋼体化後のデザインはあれこれ悩みましたが、結局、一般的なものに落ち着きました。ただ、オリジナルを尊重するため、窓枠は真ん中縦一本にする予定です。

リベットの位置や間隔は、9200や9700のそれを参考にしました。いずれもロジャース製ではなくボールドウィン製ですが、キャブの鋼体化は日本に輸入後に行われているので問題ないでしょう。
d0101131_2262192.jpg


左がオリジナルの木製キャブ。
d0101131_2281972.jpg


鋼体化後はこんな感じに…
d0101131_2293541.jpg

[PR]
by Katsu-Nakaji | 2009-04-28 02:30 | 12ミリ国鉄9400型 | Comments(0)

羅東森林鉄道Cタンク

羅東林業文化園に保存されている、羅東森林鉄道のCタンクです。竹林駅に客車とログカーを牽引した状態のが各一輌、奥のシェッドに3輌がいます。どうやら日本車輌製はなく、川崎造船と台湾機械公司製のようです。

真ん中の11号機はラッパ形の煙突が好ましく、昔作ったバリキットのCタンクを思い出しました。
d0101131_2553770.jpg


日本の軽便蒸機よりかなり大きくて、高さで2.5メートル以上はらくにありそうです。
d0101131_3112495.jpg


サイドのぼこぼこ感がたまりません。
d0101131_3171758.jpg


ログカーです。台車はよく見えませんが、何となくインチキ臭いです。
d0101131_3185955.jpg


おまけ:ティンバートレッスル
d0101131_3211471.jpg

[PR]
by Katsu-Nakaji | 2009-04-13 03:23 | 旅行 | Comments(0)

台湾、羅東林業文化園

台北を訪れた機会に、台北駅から台鐵北回り準急で約2時間のところにある羅東へ行ってきました。
d0101131_14205295.jpg


お目当ては駅から徒歩で10-15分程の距離にある「羅東林業文化園」です。
d0101131_14265140.jpg


入り口を抜け、しばらく行くとか細い線路が現れます。そして奥には機関車の姿が…。
d0101131_282747.jpg


ダルマ式転轍機、いいですねぇ〜
d0101131_271762.jpg


左手には貯木池が広がっています。向こう岸は台鐵の本線が走っており、かつては林鉄から積み替えた材木を積んだ貨車を、台湾型96なんかが引き出して行く光景が見れたんでしょう。
d0101131_2101391.jpg


久しぶりにバラストの上を歩くこと約100メートル。羅東森林鉄道の主力だったCタンクの登場です。
d0101131_1833967.jpg


ここは竹林駅という設定で、駅舎も保存されています。完全に日本型ですね。美しいなぁ。
d0101131_18171230.jpg

[PR]
by Katsu-Nakaji | 2009-04-09 14:27 | 旅行 | Comments(0)