「ほっ」と。キャンペーン

気になるバイオニュース、ちょっとマニアックな鉄道模型、心に滲みる酒場、まだバックパッカーという言葉が輝いていた時代の旅の話を中心に、徒然なるままに…


by Katsu-Nakaji

<   2009年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ヨレヨレの火室下部のリベットを削り、新しく穴を開けて0.4ミリの洋白線を埋め込み直しました。

結果はごらんの通り(写真下)で、まだヨレっていますが、まぁ許容範囲内でしょう。ランボードの下なので、色を塗ったら目立たなくなるだろうし…(希望)。

ちなみに、リベットの頭は、東急ハンズの彫金コーナーで買ったコーンカップカッター(?)をモーターツールに付けて丸く削っておきました。

次はいよいよランボード、キャブ、煙室扉の製作に進むわけですが、ここからは「もしこの機関車が現代まで生き残ってたら、どんな改造を受けたか」を推測していかなければなりません。う〜ん、空制装置をどうしようか?鋼製化後のキャブの形は?——しばらく手が止まりそうです。でもこんな事を考えている時がまた楽しいんですねぇ。


d0101131_2359412.jpg
d0101131_2358433.jpg

[PR]
by Katsu-Nakaji | 2009-03-12 00:06 | 12ミリ国鉄9400型 | Comments(0)
昨年11月以来、約4ヶ月ぶりの中ざとです。

マスター、ママさん、そして常連さん達も変わりなく、落ち着きます。

昨年秋に料理数品で、規模を縮小して再開した中ざとでしたが、今では以前と同じくらいのメニュー数になっているのはそれだけ人気があるということなんでしょう。

特にうれしかったのは、名物の煮込みが「大鍋」で復活していること。カウンターだけでなくテーブル席にもグループ客が入っており、活気も戻ってきているようです。

そうそう、今の時期はイノシシのステーキと串焼きが食べられます。串の方を頼んだのですが、これがとても柔らかい。以前よそで食べた肉は固くてしょうがなくイノシシにあまり良い印象を持っていなかったのですが、一気にお気に入りになってしまいました。マスターによると「もも肉が固い」そうです。


小耳情報:3月14日のテレビドラマ「銭ゲバ」に、中ざとで撮影したシーンが放映される予定。ただし、登場人物は全て俳優+エキストラ。
[PR]
by Katsu-Nakaji | 2009-03-11 13:56 | 大衆酒場 | Comments(0)
サイドロッドの作り直しが終わりました。

第3、第4動輪の軸距19.5ミリを常に確認しながら作ったおかげで、引っかかり無く回るようになりました。ついでにサイドロッドの他の各部分もクランクピン穴の当たりを取るなど調整。壊れる前よりスムースに走るようになったのは収穫です。

さて、下回りはこれで一安心。上回りの工作に集中できそうです。でも、キャブ・ランボードの製作に移る前に、気になってしょうがないヨレヨレの火室下側のリベットを作り直すことにしましょうか。
d0101131_243288.jpg

[PR]
by Katsu-Nakaji | 2009-03-05 02:49 | 12ミリ国鉄9400型 | Comments(0)