気になるバイオニュース、ちょっとマニアックな鉄道模型、心に滲みる酒場、まだバックパッカーという言葉が輝いていた時代の旅の話を中心に、徒然なるままに…


by Katsu-Nakaji

<   2007年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

中ざと(2)

定番メニューは手書きの短冊が壁にずらっと貼ってあり、その日のお勧めは黒板と、これも正しい酒場の姿ですね。

食べものは、これまでいただいたもので「はずれ」はありませんでした。といっても、豚バラカツ、煮込み、おでん、かきあげ程度しか頼んだことがないのですが…。なんせ、柔らかくとろけそうな豚バラカツと、カウンターの目の前にある大鍋でぐつぐつのモツ煮込みは絶品で毎回頼んでしまうため、一人だとなかなか他の料理まで腹が回らないのです。

ここでミニ情報です。

大将は大学時代自動車部に所属、ラリーなどで輸入車を乗り回していました。「ダットサン」や他の国産車は、当時はまともな車として見ていなかったようです。女将・大将夫妻はかなりのハイカラに間違いなく、現在も娘さんがロンドン在住、と国際的な生活を送っています。女将さんの口癖は「跡継ぎがいない」です。
[PR]
by Katsu-Nakaji | 2007-12-27 13:06 | 大衆酒場 | Comments(0)
メインロッドはサイドロッドと同じく1ミリ厚の洋白板です。大体の形に切り出したあとは、ひたすらヤスリがけ。溝は中央を薄くヤスリ、上下に幅1.2ミリ、厚さ0.3ミリの洋白板をハンダ付けして成形しました。実物の写真を見ると殆どテーパーはついていないようなので、真っ直ぐに仕上げました。このあと、コッター等のディテールが付いて完成です。

クロスヘッドはエコー製の16番小型蒸気機関車用パーツです。表面はつるつるでボルトの表現もないので、中央部分をヤスって段差を付けたあと、ボルトにみたてた0.3ミリ洋白線を植え込みました。最初はリベッティングした帯板を上下に貼ろうと思っていたのですが、「シェフ」さんのHPの9200計製作記に出ていた方法をいただきました。ありがとうございます。
d0101131_1562980.jpg
d0101131_1564646.jpg

[PR]
by Katsu-nakaji | 2007-12-21 15:09 | 12ミリ国鉄9400型 | Comments(0)

地球の裏側で見た煙

このブログの表題で80年代の旅を謳っているにも関わらず、これまで旅行のことには全く触れずじまいでした。まぁ,理由は色々あるのですが、思い入れが強いこともあって、何から始めていいのか分からなかったというのが本音です。でも、そろそろ始めないと、アル中ハイマーの頭の中からどんどん記憶が消えてしまいます。ただ、まだどうまとめていいのかわからないので、取り敢えず「煙」から入ろうかなと…。

今から26年前(もうすぐ27年になりますけど)、学生の僕は南米を旅行してました。リュックを担いで足の向くまま、気の向くまま。時も気にせず、明日も気にせず、漂うように南米を歩いていました。そして、ペルー・インカ帝国の主都クスコから、今では世界遺産に登録されているマチュピチュ遺跡へ向かう道すがら出くわしたのが、写真の米ボールドウィン製蒸気機関車です。

クスコからマチュピチュには鉄道(おそらく線路の幅が90センチのナロー)であっさり行けるのですが、あっちに寄り、こっちに寄って何日もかけてマチュピチュを目指している途中に訪れた、オヤンタイタンボという村のPlaza(広場)のベンチでボーッとしていた時です、遠くの方からどう考えても汽笛としか思えない「ぽーー」っていう音が聞こえてくるではありませんか。当時はすっかり鉄道への興味を失っていたのですが、この「ぽーー」が聞こえた瞬間、リュックを背負ったまま、その音の方角へ脱兎のごとく走り始めていました。そして撮ったのがこの写真です。何とナローゲージのボールドウィンではありませんか!神様ありがとう。久しぶりに鉄っちゃんになってバシバシ撮ってたら、いつの間にか横にいたトウモロコシ売りのインディオのおばちゃんが、「なんだコイツは」視線をビシビシ投げかけて来たのを憶えています。
d0101131_245137.jpg
d0101131_2453810.jpg

[PR]
by Katsu-Nakaji | 2007-12-12 02:47 | 80年代の旅 | Comments(0)
シリンダーブロックが、細かいディテールを除きだいたい出来ました。シリンダーの前後蓋は1ミリ真鍮板をおおよその円形に切り抜いてモーターツールでドリルレース。シリンダーとブロックの接合部をハンダで埋めて成形後、前後蓋を中心に開けた2ミリの穴にビスを通しナットで使ってシリンダーに留め、位置を合わせてハンダ付けしました。この穴にはこの後ピストンロッドのガイドになる外径2ミリ、内径1.5ミリのパイプを通します。

シリンダーブロックが付くと、「機関車の下回りだぁ〜」って気がしてきます。年の瀬はなかなか工作の時間が取れませんが、来年の早い内には下回り完成へと持って行きたいですね。
d0101131_2203728.jpg
d0101131_2205342.jpg

[PR]
by Katsu-Nakaji | 2007-12-07 02:21 | 12ミリ国鉄9400型 | Comments(0)