「ほっ」と。キャンペーン

気になるバイオニュース、ちょっとマニアックな鉄道模型、心に滲みる酒場、まだバックパッカーという言葉が輝いていた時代の旅の話を中心に、徒然なるままに…


by Katsu-Nakaji

<   2007年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

普通、テンダーからモーターへ給電する場合は、機関車とテンダーを結ぶドローバーを機関車側に絶縁してビス止めしてそれをテンダーのピンへ差し込みますが、鉄道模型趣味288号(「鉄道模型マル秘工作手帳」にも出ています)で坂本衛氏が提案した、機関車側にピンを絶縁して取り付け、それにドローバーを差し込む方式としました。ピンの根本には燐青銅板で作った帯板をハンダ付け、モーターの集電端子の片側と圧着するようにし、もう片方の端子はモーター本体にアースさせることで、リード線を廃止できます。

こうして、下回りだけですが、ついに機関車本体とテンダーが連結し線路の上を自走できるようになりました。パワーパックのつまみをクイッとまわしたら、シャカシャカ走り出したのには感激しました。しかしここからがトラブルの連続でーー。

まず前後で走りが全然違う。そこでギアの噛み合わせやら、線バネの圧力調整。ロッドと動輪の干渉・ショートの修正に汗をかき、やっとこさ何とか納得できる状態にして今度は我が鉄道の想定曲線半径400Rで試すと、フランジを削った中間の2軸が線路に落ち込むじゃありませんか。「なんでやねん!?」やっぱフランジレスの動輪可動では止むお得ないかとも思いましたが、前後進、右曲がり左曲がりで落ち込んだり落ち込まなかったりと、まちまち。第一、第四動輪に与えた左右動が大きすぎる可能性もあるので、軸受けにU型の真鍮線をハンダ付けしてガタを減らしたり、若干狭すぎた第三動輪のバックゲージを広げたり…。(カーブがきつ過ぎるなんて言わないように。12ミリゲージ程度なら、400R位通らなければためです)

そんなこんなをしているうちに、今度はモーターに異変が。もの凄い発熱と、突然の回転中止。それに、直接パワーパックにつなげているのにショートしてしまう、心霊現象とも言える状態に遭遇したのです。「よたモーターだったか…」と買い換えを決意。ただどうなっているのか知りたくて分解してみると、何とコンミに巻き付けてある銅線の一部が切れてほどけ、モーター軸にぐるぐるに絡み付いているではないですか。「世の中何が起こるかわからん」と呟きつつ絡み付いた導線を取り除き、ちぎれてあっちゃこっちゃ向いてる他の銅線も整理したあとで組み直すと、ウィーンと小さな音を立てて回り始めました。発熱もなく、ショートもありません。「買い換えずに済んだ」ーーほっと胸を撫でおろし、モーターをギアボックスにセットし再び走行試験へ。そしてさらるトラブルが…。

最初は結構スームースに動いていたんですが、あとから頻繁にウォームの噛み合わせがはずれるようになり始めたのです。そこで噛み合わせを固めにするためモーター取り付け板の角度を変えようと触れてみると、グラグラしてるじゃありませんか!「ヤバイ、取れる前に真鍮板で補強しよう」とギアボックスをはずした途端、ポロっととれてしまいました。

新しく作った止め板は0.8ミリの真鍮板です。まぁ、0.5ミリのままだと早晩だめになっていたでしょうから、結局はこれで良かったと言うことになるのでしょう。再びモーターを取り付けて線路を走らせてみると、今度は前後進ともとても安定してます。また、ギアボックスが付いてる第三動輪にかかっている線バネを、あまり効果がないのでかからなくしてみたら、台枠の傾きが修正されると共に、中間動輪の落ち込みもほとんどなくなりました。「ウッシ!」再びガッツポーズです。

写真は上がモーターへの配線の様子、まん中がとれた止め板と新しく作ったやつ、下が新しい板をギアボックスにハンダ付けして台枠に組み込んだ状態です。



d0101131_10215727.jpg
d0101131_10221536.jpg
d0101131_10223288.jpg

[PR]
by Katsu-Nakaji | 2007-10-23 13:13 | 12ミリ国鉄9400型 | Comments(0)
ギアボックスができたので、あとはモーターを取り付ければいいのですが、ここでもまた問題が…。モーター(マシマの1620)の軸は2ミリ径なのに対し,ウォームギアの軸穴は1.5ミリで、そのままではモーター軸にウォームを装着できないのです。対策としてはウォームの軸穴をドリルで広げることも検討したのですが無理だと判明、最終的に1.5ミリのシャフトに内径1.5ミリ、外径2ミリのパイプをかぶせ、内径2ミリのパイプでモーターとつなぐーーという方法に決定しました。パイプを重ねて回転にフレが出る懸念もありましたが、銀座の天賞堂で、今はやりのコアレスモーター対策用の内径1.5ミリ、外径2ミリのスリーブを見つけたので、パイプ使用はつなぎの一か所となりました。モーターの軸とスリーブをはめたシャフトをそれぞれモーターツールのダイヤモンドカッターで切断、つなぎ合わせましたが心配したフレもなく、一安心。悩んだ割には意外にあっさり出来てしまいました。

出来上がったモーターをギアボックスに装着、パワーパックから直接リード線をワニ口クリップモーターにつなぎパワーオン!初めは「うーん、なんか勢いがないなぁ〜、回転も渋いし」状態だったんですが、モーターのブラシ圧や軸受け、ロッド穴を再調整した結果見事にシャカシャカと線路の上を動いてくれました。初体験の動輪可動、関節式サイドロッド、それにギアーボックスと懸案事項をクリアーし、「蒸気機関車って作れるもんだなぁ」と、しばし感慨に…。でもまだ先は長い。次の大物はシリンダーブロックとメインロッド、それにフロントデッキまわりです。
d0101131_0301064.jpg
d0101131_0303258.jpg
d0101131_0304878.jpg

[PR]
by Katsu-Nakaji | 2007-10-08 00:28 | 12ミリ国鉄9400型 | Comments(0)
動輪が回るようになったら、次は下回り製作のもう一つのハイライト、ギアボックスです。設計で一番大切なのがアイドラーギアと動輪のギアとの中心間ですが、それを求める公式が過去の「とれいん」誌に載っていました。「ラッキー!」と、早速それを使わしてもらい計算すると、8.5ミリと出ました。アイドラーのギアピン、動軸ともに3ミリ径なので、やや小さめな2.7ミリ程度の穴を開けあとは噛み合わせをヤスリで調整することにします。側面は1ミリ真鍮板で、それを3ミリ厚の真鍮平棒から切り出したスぺーサーを挟んでハンダで組みます。

工作は、穴開けに失敗してやり直したほかはスムースに進行。でも、ギアボックス本体を組んで動輪を組み込んで見ると、ありゃりゃ!?全然ギア中心間が短いじゃありませんか。どうやらモジュールか齒の数を間違えたらしい。うーん、結局現物合わせですか。中心間が長過ぎる時はヤスリで削れば済むことですが、短い時は真鍮片を動軸が入る部分の軸受け上部にハンダ付して埋め、再びヤスリで調整しなければなりません。というわけで、そうしました。自作とはこんなことの繰り返しなので、最近では作り直しがあんまり苦にならなくなってきました。ひとつ大人になったんでしょうか。きっとそうです。

すったもんだの末、噛み合わせも決まり、あとはモーター取り付け用とギアボック揺れ止め用のアームを前後にハンダ付けし、ギアボックスの完成となりました。
d0101131_1191614.jpg
d0101131_12043.jpg
d0101131_1201969.jpg

[PR]
by Katsu-Nakaji | 2007-10-01 01:23 | 12ミリ国鉄9400型 | Comments(0)