気になるバイオニュース、ちょっとマニアックな鉄道模型、心に滲みる酒場、まだバックパッカーという言葉が輝いていた時代の旅の話を中心に、徒然なるままに…


by Katsu-Nakaji

<   2007年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

創薬ベンチャー、アンジェスMGはこのほどHGF遺伝子治療薬「AMG0001」の国内第III相臨床試験が成功裏に終わったと発表しました。AMG0001は強い血管新生作用を持つ肝細胞増殖因子(HGF)を造る遺伝子を局所に投与し、新しい血管を造り虚血状態の改善させようというものです。現在治療法がない、末梢性血管疾患や虚血性心疾患に対し効果があると期待されています。

国内第III相臨床試験は重症下肢虚血症患者に対し行われていたもので、同社では比較対照のためのプラセボ(偽薬)群による症状改善率が30.8%だったのに対して、AMG0001の改善率は70.4%なったとしています。副作用については数例認められたものの、治療薬との関連性が無いか低いと判断され安全性も確認できたことから、今後は承認申請に向けた準備を進める方針です。

もし製造承認が得られれば、同薬は日本で初めてのヒトに対する遺伝子治療薬となります。近年、実際の製品が出ない中、創薬ベンチャーに対する投資家の反応は冷ややかなものになっていましたが、AMG0001によりバイオ投資が再び活気づく可能性があります。また、遺伝子治療薬開発の全体に弾みがつくことも十分に考えられ、今後の動向は要チェックでしょう。
[PR]
by Katsu-Nakaji | 2007-06-29 14:30 | バイオニュース | Comments(0)
理科化学研究所はこのほど、信和化工株式会社と共同で、日本海沿岸で大量発生し大きな漁業被害をもたらしている「エチゼンクラゲ」に糖タンパクの一種である「ムチン」が多く含まれていることを発見しました。

ムチンは胃液などの主成分で、その抗菌作用や保湿効果の高さから医薬品や健康維持製品、化粧品の原料として注目されています。また、胃ガンの原因となるピロリ菌の活動を抑える役割があることもわかってきました。

これまで工業利用されてきたムチンはガストリックムチンという家畜からつくられていたものに限られていましたが、理研では、エチゼンクラゲから発見されたムチンが低コストで大量生産が可能な上、化学構造を若干変化させることで高度な医薬品として発展する可能性があるとしています。

毎年数万トンもの規模で発生するエチゼンクラゲ。漁業のみならず工場や原発の取水口をつまらせるなど、工業へも被害も心配されています。今回の発見は関係者にとっては大きな朗報でしょう。

ただ、工業化ということになれば安定的に原料であるエチゼンクラゲを確保する必要があります。「突然いなくなった」ではすみません。そうした事態を回避するためにも、「そもそも、なぜエチゼンクラゲが大量発生するようになったのか?」その原因をきちっと解明することが大切でしょう。また、そのことによって海洋環境の変化についても理解を深めることができ、地球環境対策への応用も期待できます。
[PR]
by Katsu-Nakaji | 2007-06-19 14:29 | バイオニュース | Comments(0)
動輪が車軸絶縁なので動輪を支える台枠を金属で作ってしまうと、左右のサイドロッドの極性が+ーでショートしてしまいます。機関車本体もなるべく軽く作らないといけないということで、いろいろ考えた末に台枠をアクリル製にすることにしました。シリンダー前後板もプラとすることで、ショートの問題はだいたいクリアーされます(他にも細かい所はあるのですが、そのへんは適当に絶縁できました)。

使ったのは3ミリと2ミリ厚。写真のように、両側の3ミリ厚2枚に車軸の入る溝を堀ったあとで、2ミリ厚をスぺ−サーにして組みました。さらに外側に左右それぞれ0.5ミリの真鍮板を貼付けて、台枠の幅を所定の9ミリとしました。3ミリのアクリル3枚貼り合わせでも良かったのですが、使った動輪の裏の車軸のところに大きなボスが出っ張っており、これを避けるにはアクリルを削るより真鍮板を切り抜いたほうがはるかに手間がかからないためです。また表面を真鍮としておくことで、あとで動輪から集電しなければならなくなった時にも比較的楽に対応できるし、なんてたって「見た目がかっちょいい!」ですから。まぁ色を塗ったらわからくなってしまいますが…。

しかし、アクリルを削る時に出るカスのハンパなさには参りました。ヤスリじゃらちがあかないので、プラ板カッターをカンナのように使ったのですが、その細かい「カンナ屑」が服やカーペットなど至る所に絡み付いてチクチクするのなんのって。煙突やドームぐらいなら未だしも、もう二度と台枠をアクリルで作ることはないでしょうねぇ。

写真の上に見えているのは、ブレーキ関係のディテールを取り付けた動輪押さえと、プラ、アクリル、燐青銅板で作った先台車。はじめはブレーキシュウもハンガーも全てプラで作ったんですが、後でピンを差し込んだ部分からブレーキハンガーが折れるという事故があったので、一部ハンガーを真鍮で作り直しました。やっぱり真鍮のほうが、自分にとってはきちっとした工作ができます。

その台枠と動輪押さえを組み立てると、下段の写真のようになります。
d0101131_11505990.jpg
d0101131_11512044.jpg

[PR]
by Katsu-Nakaji | 2007-06-11 11:54 | 12ミリ雄別8721型 | Comments(0)
懸案だった後ろコーナーは、別に作った小片をマスキングテープで保持しつつハンダ付け、成形しました。その真下にあるリベットを消してしまってはこれまでの苦労が水の泡になってしまうので、カーブを滑らかにするヤスリがけには慎重に…。時間を食ったものの、作り直しもなく、そこそこ上手く行ったんじゃないかと思います。もう少し手を加えたいのですが、これ以上やると結局ドツボにはまり、全てやり直し!ってなことにもなりかねません。ぐっと我慢です。

上部の縁取りは0.4ミリ真鍮線を甲丸にして、テンダー前部タンクの端から順にハンダ付けです。曲げる部分だけポケットバーナーで焼き鈍して曲げました。給水ハッチは適当なパイプがなかったので、0.3ミリ真鍮板を丸め丸く切った0.2ミリの燐青銅板で作った蓋をのせました(実際は適当な形に切った後丸めたパイプにハンダ付けし、円になるようにヤスリがけするんですけどね)。このあとは手すり、石炭取出口などを付けてテンダー上回りはだいたい完成、ディテ—リングは後にすると言うことで、次は床板、エンドビーム等の下回りの工作に移ります。
d0101131_10442362.jpg
d0101131_10483945.jpg

[PR]
by Katsu-Nakaji | 2007-06-02 11:04 | 12ミリ国鉄9400型 | Comments(0)