「ほっ」と。キャンペーン

気になるバイオニュース、ちょっとマニアックな鉄道模型、心に滲みる酒場、まだバックパッカーという言葉が輝いていた時代の旅の話を中心に、徒然なるままに…


by Katsu-Nakaji

<   2007年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

理化学研究所の研究チームがこのほど、ヒトES細胞(胚性幹細胞)の大量培養を可能にする技術を開発したと発表しました。

ES細胞は身体のほとんどあらゆる組織に分化することができるため、傷ついた神経や機能を失った臓器の再生治療の切り札と考えらています。ただ、倫理的は問題を抜きにしても(これ自体大きな問題ですが)、さまざまな問題が横たわっており、実際の医療への応用への道のりは遠いのが現状です。その問題の一つが、ヒトES細胞の大量培養は難しいということでした。大量の細胞が手に入らなければ、必要な組織や臓器はつくれません。

大量培養ができなかったのは、ネズミのES細胞などとは違い、ヒトES細胞が培養課程ですぐに死んでしまうためです。これを細胞死といいますが、その細胞死のため、従来の培養方法では99%の細胞が培養2日以内にだめになってしまいます。

理研は、細胞死を引き起こすROCKという物質(酵素)を見つけ、この働きを封じるY-27632という別の物質を培養液に加えたところ、従来の方法に比べ培養効率が約30倍に増加したと報告しました。おかげで、これまでは一ヶ月で100倍程度にしか細胞を増やせなかったのですが、新方式なら理論上1万倍に増やせるというのです。加えて、培養したES細胞が脳の神経を作るもとになる細胞に分化することにも成功したとしています。

これらのこと自体は、ES細胞研究にとって非常な朗報ですが、あくまで研究段階の話です。ES細胞は、基本的に無限に増殖するという点でガン細胞と同じ。それを体内でガン化させずに、どのように望むような組織に分化させるか、免疫反応をどう抑えるか(他人の細胞を体に入れると、それを外敵と認識して免疫システムが攻撃を始めるのです)等々、解決すべき問題は山ほどあります。そうした技術的な問題が解決されて医薬品が開発されても、厚生労働省が認可するまで何年かかるやら。あと、20-30年もすれば実用化が始まっているかもしれませんし、そうではないかも知れません。

たいていマスコミは、バイオで新しい発見があると決まって「~病の治療法開発につながる可能性がある」などと報じますが、可能性があるだけです。それを聞いた患者やその家族は本当に直ってしまうと勘違いするかも知れません。勿論、希望を持つことはそれだけで病気を治す力になるのですが、研究者や報道機関はやはり、本当に実用に近いものかそうでないものなのか、また問題は何なのか、きちんと伝える責任があります(自戒を込めて、そう思います)。そうすることが一日も早い医療への応用を可能にして患者を救うことにつながるからです。

ヒトES細胞大量培養成功を一部のメディアは大々的に取り上げました。しかし、それは難病を患っている人の期待を無用に膨らませるだけです。むしろこれを機会に、ES細胞の研究は必要なのか、もし必要ならいかにそれを迅速に進展させることができるのか、真剣に論じるべきです。
[PR]
by Katsu-Nakaji | 2007-05-29 20:04 | バイオニュース | Comments(0)
アメリカの代表的な自動車レース、「インディアナポリス500マイル」決勝が5月27日、インディアナポリス・モータースピードウエーで開かれました。最終戦の優勝を飾ったのは、女優アシュリー・ジャドの夫でスコットランド出身のダリオ・フランキッティ。優勝は彼にとって初めてで、スコットランド人としてはインディ史上2人め。

これだけでは全然バイオではないのですが、今年のインディカー・シリーズの注目点は「100%バイオエタノール燃料の使用」が義務付けられたこと。バイオエタノールはトウモロコシなどの植物から作られるアルコール。光合成の段階で大気中の二酸化炭素をたっぷり吸収した植物からできた燃料なので、燃焼時に二酸化炭素を排出してもトータルで+ーゼロと、地球温暖化物質としてカウントされません。つまり「F1よりもスリリング」とも形容され、ひたすらアクセルを踏み続け周回コースを限界のスピードで駆け抜けなければならない、何とも豪快なこのレースが、「世界で一番地球に優しい自動車レース」に変貌してしまったのです。

インディではすでに、同じアルコールのメタノール(これは天然ガスなどの化石燃料からできるので温暖化物質とみなされる)使用が1969年から義務付けられていたので、ホンダなどの参加自動車メーカーは、昨年実施の10%エタノール混合の移行期を経ての100%ルール適用に、比較的スムースに対応できたのでしょう。

ただ、いくら環境に優しいと言っても自動車レースなんですから、これまでより遅くなったり、つまらなくなってしまっては意味がありません。しかし、平均時速は230マイル(約360キロ)に達しており、興奮度も100%です。技術革新への、たゆまない努力のたまものと言えます。

環境保護というと、どこかに「我慢」の2文字が見え隠れするもの。しかしこの“グリーン・インディ500”は「エコをするにも楽しみを犠牲にすることなんかないんだぜ」と、まさにアメリカ的なメッセ—ジを発信しているようです。
[PR]
by Katsu-Nakaji | 2007-05-28 22:38 | バイオニュース | Comments(0)
テンダーが機関車を押すことになったので、機関車本体はなるべく軽く作る必要があります。そこで、真鍮より軽い、プラやアルミを大幅に取り入れることにしました。つまり、テンダーはいわゆる「本格金属工作」、本体は様々な材料を使う「マテリアルミックス」路線で行くことにしたのです。ただこのことが、「ここにはどんな材料を使おうか」と常に頭を悩ますことになり、製作のスピードを大幅に遅くさせる結果となりましたが…。詳細は次回ということで、今までまともな8721の写真を出していなかったで、お見せしましょう(「まともじゃねーじゃないか」なんて言わないように)
d0101131_0535430.jpg
d0101131_0545425.jpg
d0101131_0555961.jpg
d0101131_0575676.jpg

[PR]
by Katsu-Nakaji | 2007-05-21 01:04 | 12ミリ雄別8721型 | Comments(0)
気分を取り直してケガキから始め、今度はリベットもまぁまぁ上手くいき、曲げた姿が写真です。後ろのコーナーは、別に作った小片で埋めます。これが次の難関でしょう。どうやって保持してハンダ付けしようか…。
d0101131_130949.jpg
d0101131_1302582.jpg

[PR]
by Katsu-Nakaji | 2007-05-18 01:31 | 12ミリ国鉄9400型 | Comments(0)
外周も切り抜き終わったので、いよいよ「曲げ」です。まず前部(キャブのほう)のきついRから、丸棒系のものをフルに動員してうりうりやり始めたのですが、すると何と、燐青銅板が「パキ」っと折れてしまったのです。「せっかくここまで上手く来たのにぃ〜」と、一気に頭に血が…。しかし実は、上手く出来ていたわけではなく、「上手く出来ていたつもりに」なっていただけで、失敗部分は見てみぬふりをしていたわけなんですね。つまり、縦のリベット打ちを一列失敗したので、かわりに0.3ミリ線を植え込んだんですが、曲げの圧力で植え込み部分から折れてしまったというわけです。しかし結論から言うと折れて良かった。その植え込んだ部分のリベットの並びがよれよれだったにも関わらず、「塗ったらわかんないな、きっと」なんて思っていたんですから。本当は気になっていたのに作り直しが嫌で「見てみぬふり」です。神様が「作り直しじゃー」と言ってくれたようです。もう一つ。このままテンダー後部も曲げていたらものすごく幅広になっていたはずで、結局作り替えなくてはならない運命にあったのです。
d0101131_0544916.jpg

[PR]
by Katsu-Nakaji | 2007-05-06 01:00 | 12ミリ国鉄9400型 | Comments(0)
久々のバイオ関連です。

先月、北海道岩見沢市にある、ネイチャーテクノロジー株式会社を訪問しました。天然ハーブから香りの成分を抽出し、それをパッチ(一般的にはサロンパスのようにペタッと貼るやつです)にして、皮膚から有効成分を吸収させる「アロマシューティカル」(健康香料)の研究、製品開発をしている会社です。会社の詳細は同社のHP(http://www.nature-technology.com/)を見ていただくことにして、一番驚かされたのが、同社の特別顧問である刈田毅氏が全くの独学でDGDS(ドラッグ・ガス・デリバリー・システム)という同社のコアテクノロジーを開発したという点です。同氏は、テルペノイドと呼ばれる植物由来芳香成分に着目。以来その研究に人生を捧げた結果、皮膚に直接貼らずに薬効成分を持つテルペン系化合物を安全に体内に運び込むパッチの開発に成功したのです。上着などの服の裏側に張るだけで効きくことから、肌がかぶれやすい人も安心して使えるほか、例えば人前やオフィスでも簡単に張替えができます。

これからの医療には欠かせない、必要な薬物を必要な量だけ必要な場所に運ぶドラッグ・デリバリー・システム(DDS)の開発で、世界中の大学や研究所が激しい競争を繰り広げています。様々な方式がありますが、パッチへの注目度も高く、糖尿病治療用のインスリンパッチが普及するのも遠い先の話ではなさそう。そんな中、ネイチャーテクノロジー社の最先端パッチ技術とハーブ、アロマを融合させ新たな医薬を創造する試みは、漢方やアユルヴェーダで古来から使用されている薬草等も視野に入れることで、大きな成果をあげる可能性があると言えそうです。血流を増加させる成分との組み合わせで、上着を羽織るだけの心臓発作予防、帽子をかぶるだけの脱毛予防・発毛促進なども実現するかもしれません。

そういった大きな広がりをもった技術にも独学で辿り着けることを、刈田氏は証明して見せました。「大学や研究所にいなくとも探究心と信念があれば技術は創れる」--目からウロコの岩見沢行でした。
[PR]
by Katsu-Nakaji | 2007-05-02 18:56 | バイオニュース | Comments(1)