「ほっ」と。キャンペーン

気になるバイオニュース、ちょっとマニアックな鉄道模型、心に滲みる酒場、まだバックパッカーという言葉が輝いていた時代の旅の話を中心に、徒然なるままに…


by Katsu-Nakaji

カテゴリ:東大論文捏造問題( 4 )

—調査委員会に問題はなかったのか(続々)—
しばらくこの項を休んでいる間に、大きな動きがありました。多比良教授が、地位保全、未払い給与の支給を求めて東大を提訴したのです。今年の早い段階で、中央労働基準監督署は既に東大の懲戒解雇は不当との決定を出しており、また「監督責任だけで解雇は不当に重すぎる」との陳述書も集まってきていることから、予断はできないものの、東大にとってはなかなか厳しい裁判になりそうです。

さて、東大の調査委員会についてですが、最大の問題は、「専門調査委員」にあります。今回設置された調査委員会は、「調査委員」と「専門調査委員」に分かれており、調査委員が主導的な立場をとり専門委員がアシストする形になっています。しかし、松本洋一郎委員長を筆頭に、計4人の調査委員は皆工学系のためRNAという生命科学の最先端分野では門外漢。つまり、その道の専門家である専門委員が実際の調査をリードし、彼らの意見が最終調査報告書にそのまま反映されたとみるのが妥当でしょう(同報告書の調査結果部分はこれでもかというくらい専門的で、専門委員の存在が際立っています)。

誰が専門委員なのか、東大は長らく公表しませんでしたが、最終報告書の一番最後でやっと明らかにしました。以下はそのリストです。

餐場弘二(名古屋大学大学院理学研究科生命理学専攻、教授)
上田卓也(東京大学新領域創成科学研究科メディカルゲノム専攻、教授)
塩見春彦(徳島大学ゲノム機能研究センター、教授)
中村義一(東京大学医科学研究所基礎医科学大部門、教授)

現在、餐場・塩見の両氏はRNA学会の評議委員、そして中村氏は会長です。また上田氏は同学会発起人の一人。まさに超重量級の布陣で、いくら「科学的検証に協力」するだけといっても、「素人」の調査委員が(いや、多くのRNA研究者も)これら専門委員の意見に異議を唱えることはまず無理でしょう。

「中立かつ公正な立場で調査の進展を見守りたい」—東大への調査依頼で同学会はこのようにも述べていますが、実際には「多比良教授の論文に捏造の疑義あり」としたRNA学会幹部が東大による公正であるはずの調査に深く関与していたわけで、「無罪判決」は望むべくもありませんでした。それにしても、何(十?)年かぶりに「マッチポンプ」という古い言葉を思い出しました。また、多比良教授側によると、専門委員との面会を求めても一切認められなかったということです。どういう理由かはわかりませんが、専門家による直接の事情聴取なしに真実を解明することはできません。調査委員会は最終報告書の最後で「研究者が自由に話し合い、議論できる風通しのよい研究環境を作る努力をし、再発を防ぐ必要がある」「徹底した調査を行い、納得のいく対策をとる」と述べています。同委員会自体が先ずこのことを肝に命ずる必要があるでしょう。

さらに同委員会は、当初RNA学会が指摘した疑義のある論文が12篇もあるのに、なぜ調査対象を4篇にしたのか、その理由を十分に説明していません。唯一「実験結果の再現性の検証が比較的容易と判断された」としているだけです。もしこの説明を額面通り受け取るなら、この4篇の再現性が証明できても、残りの論文に捏造の可能性は残るわけで、「検証が容易か否かで『東大の信頼性』を左右する問題解明のベースとなる事柄を決めていいのか?」ということになってしまいます。もともと多比良教授は、指摘された論文のうちには論文の形をなしていない口頭発表、既に取り下げ済みのもの、単なる実験手法の紹介が含まれており、調査対象となるのは5篇と反論していました。実際に調査委員会が再実験を要求した4篇は、取り下げられたもの以外これら5篇の中から選ばれています。つまり、同委員会は同教授の主張を認めたわけですが、論文選択過程をあいまいな説明でごまかしています。

調査委員会は、最終報告書を、「東京大学は、研究活動を自ら点検し、これを社会に開示するとともに、適切な第三者の評価を受け、説明責任を果たす」(下線筆者)などとする研究の理念に関する東大憲章を引用することで締めくくりました。「調査では本当に公平性が担保されたのか」、この点について委員会は説明責任をきちんと果たすべきと考えます。
[PR]
by Katsu-Nakaji | 2007-03-15 17:46 | 東大論文捏造問題 | Comments(1)
ー調査委員会に問題はなかったのか(続)ー

東大調査委員会は2005年4月1日に日本RNA学会の依頼を受けて設置されました。同学会は委員会設置依頼の経緯をこう説明しています。

「昨年来、日本RNA学会宛に、本学会の会員である多比良和誠教授(東大)発表のRNA研究論文の何件かについて、実験の再現性などに疑義がある旨、国内外の複数名の研究者から連絡がありました。
学会は、本来、このような問題を扱う機関ではなく、研究上の協力、連絡、意見交換を行う場であります。しかし、この件を看過すれ ば、科学研究の信頼性および日本のアカデミズムの国際信用の低下をまねく可能性も考えられます。そのため、本年3月、中立な立場から、国内外の専門家6名に同教授の十報余の論文について意見聴取を行いました。その結果、全員から実験の再現性に問題があるとの指摘があり、加えて論文の内容についてもさまざまな疑義が呈されました。よって遺憾ながら、学会はこの調査により同教授の論文に関する疑義を払拭するには至りませんでした。
  この件が同教授自身と所属する東京大学の社会的信用、さらには教育の問題にも深くかかわることから、本年4月1日、本学会は同大学大学院工学系研究科にことの経緯を伝え、事実関係の調査を依頼しました。(中略)
  本学会は、アカデミズムが社会に果たすべき役割を自覚し、引き続き、中立かつ公正な立場で調査の進展を見守りたいと考えております。さらには、必要であれば、科学的検証についても協力し、RNA研究分野の堅実な育成につとめる所存でおります。しかしながら、学会は調査機関ではなく、また、日本の科学研究の信頼性に関わるさまざまな報道が続いている昨今、我が国においても、独立した第三者による『研究倫理委員会』(Committee on Ethics in Research)の設立、およびこのような問題に対処するための『ガイドライン』の作成が望ましいと考えております。」


この発表文は特定していませんが、同学会が東大 調査委員会に調査を依頼したのは全部で12篇。調査委員会はこのうち「実験結果の再現性の検証が比較的容易であると判断された」4篇について多比良教授側に再実験を要請しました(この理由についても誠実な説明ではないと思いますが、それは後述します)。

引用が長くなりましたが、(1)学会が主体的に問題を取り上げたわけではない(2)調査機関ではない(3)公正中立な立場である(4)東大の信頼に関わる問題である (5)事実関係の調査を依頼した(6)調査には非主体的に協力するーという点がこの声名のポイントとして挙げられると思います。

あくまで「第三者だよ」と言いたいのでしょう。しかし本当にそうなのか…

(1)について、この問題が明らかになった時点で、東大の対応を評価する声がある一方で、「なぜ直接著者本人や論文掲載誌ではなくRNA学会に指摘がなされたのか?」との声も聞かれました。同学会への直接のクレームはあまり例にないようです。確かに、少なくとも海外の研究者一人が「再現できない」とのメールを送ったようですが、国内研究者とは誰だったのか。彼らの意見が看過できないほど影響力を持っているとするなら、ネット掲示板上が主な活動場所の学生やポスドク君達であるはずがなく、当然RNAの専門家かつそれなりの地位についている人物であり、同学会のメンバーであるとみるのが妥当でしょう。RNA学会自身が「火を点けた」可能性は否定できません。

また、意見聴取した6人の内外専門家ですが、学会から意見を求められるまでなぜ多比良教授関連論文への疑義を、先ず内部的にでも良いから呈さなかったのでしょうか。同教授もRNA学会のメンバーであり、学会が「意見交換」の場でもあるはずなのに。問題ありとされた12論文のうち一番古いものは1998年に発表されています。評価する時間は十分ありました。読んでなかったのでしょうか?それは有り得ないでしょうが、もしそうだとするならRNA研究者として怠慢です。

多比良教授は国内外での講演も多く、私も結構な数を取材しました。自分のような素人をだますのは簡単でしょう。けれども聴衆の大部分が専門家。なのに講演後の質疑応答で、「おかしいのでは」といった指摘は聞かれませんでした。

もし同教授の論文に問題があるなら、こうした講演会は本人に直接疑問点を質す絶好のチャンスでもあります。にも関わらず、どうして日本のアカデミズムの国際信用性低下を憂うRNA学会メンバーがそうした機会を活用せずに問題を先送りしたのか、普通の人間は理解に苦しみます。もし多比良教授が「信憑性のない論文を再三作成した」(東大調査委員会)のであれば、何もしようとしなかった同学会は間接的にそれに加担したことになってしまうのではないでしょうか。(まだ続く)
[PR]
by Katsu-Nakaji | 2007-02-05 21:55 | 東大論文捏造問題 | Comments(0)
―調査委員会に問題はなかったのか―

今回の問題は、RNA学会や東大が言うような海外研究者からの「誰も再現できない」という指摘があったはるか前から「川崎論文のデータは怪しい」との噂が一部で流れており、その後2ちゃんねる等のインターネットサイトで「捏造疑惑」として盛んに取り上げられるようになったのが発端のようです。

「捏造疑惑」ということであれば「捏造があったか否か」が吟味されなければなりません。そして、捏造が証明されれば「有罪」、なければ「無罪」というすっきりした結論のみが出されることになるはずです。一方、東大懲戒委員会はというと、「捏造があったとは断定できないが信ぴょう性がない」(濱田純一委員長)とういう判断のもとに、懲戒解雇の決定を下しました。不正を行ったからではなく、大学の名誉を傷つけたことが解雇の理由です。何ともわかりにくい。いったい不正はあったのか、なかったのか。

ここでもう一度、懲戒委員会の結論の下敷きとなった東大調査委員会の最終報告書を読み返すと、調査委員会は実験結果に再現性があるかどうかだけに焦点を当て、最初から不正、つまり捏造の有無をほとんど問題にしておらず、そのための調査は行っていなかったことがわかります。

「平成17年4月1日、日本RNA学会 渡辺公綱会長(当時)より、本学(東大)工学系研究科 平尾公彦 研究科長に対し、化学生命工学専攻 多比良和誠教授らが関係する12篇の論文の実験結果の再現性に関し調査以来があった。科学的立場からその再現性、信頼性について調査するため、工学系研究科に調査委員会を設置し、実験結果の再現性の検証が比較的容易であると判断された論文4篇(論文番号略)を選定し―(中略)―検討を進めてきた。」(最終報告書「序文」より。カッコ内注筆者)

そしてその結論は、
「―(前略)―今回調査を行った4篇の論文に関しては再現性、信頼性はないものと判断される。」(「結論」より)
でした。

「捏造」に関しては、1本の論文の一部データについて「捏造されたデータであると判断せざるを得ない」という記述が調査結果分析の項にあります。もし「捏造の有無」が調査の目的であったなら、当然、さらなる証拠固めや川崎助手への直接尋問等を行うはず。しかし調査委員会はそうせず、それ以上踏み込んだ見解は示しませんでした。やはり始めから「捏造疑惑解明」の意思はなかったと見るのが妥当でしょう。

調査委員会は報告書の最後に真理の探究を尊ぶ「東京大学憲章I.学術6.(研究の理念)」を引用しました。しかし、その委員会自身に「捏造疑惑」の真実を突き止めようとの姿勢がまるで欠如していたことには、ただ驚かされます。

「再現性がない」と「捏造があった」はイコールでは結びつかないのは明らか。特に生命科学の分野では「実験の再現はそう簡単にできるわけではない」との声も聞かれます。「再現性がない」から「捏造があった」へと結論を導くには、時間をかけた慎重な事実関係の調査が不可欠。そうした事実解明のプロセスを省くために調査委員会が意図的に「捏造」を問題の核心に据えなかった可能性も否定できません。また、「再現性が無いとなれば、マスコミはすぐに『捏造』と取り上げるだろう」―こんな思惑も見え隠れしています。(この項続く)
[PR]
by Katsu-Nakaji | 2007-01-22 20:56 | 東大論文捏造問題 | Comments(0)
トラックバックカテゴリ:ニュース・評論
論文捏造問題を調査していた東大が、暮も押し迫った12月27日、RNA研究者で工学系教授の多比良和誠(たいら・かずなり)氏と助手の川崎広明(かわさき・ひろあき)氏を懲戒解雇にすると発表しました。「論文の責任著者として実験の妥当性を的確に評価する識見がない。川崎助手の実験結果を慎重に検討せず、信ぴょう性のない論文を再三作成した」ことで「大学の名誉や信用を著しく傷つけた」のがその理由。

この発表を聞いた一般の人達にとっては、「何かわからないけど、多比良という悪い教授が川崎という助手を使って、インチキな論文を沢山発表してたらしい」ーということになってしまうでしょう。でも、本当にそうなのでしょうか?自分は記者としてこの問題を1年半近くフォローしてきましたが、この処分が発表された時にまっ先に思ったのは、「東大がこんなことをやっているのでは、日本にサイエンスは育たない」ということでした。

この問題の経緯についてはあとで少し詳しく報告するとして、川崎助手の実験データ捏造疑惑は限り無く黒に近く、解雇も止む無しと思います。しかし多比良教授は監督責任だけが問われているのであって、同助手の細工が見抜けなかったのは「不正」ではなく「ミス」です。「不正」には「解雇」という厳罰で臨むのは当然ですが、「ミス」に対しても同様な厳しい処分を科すことをやっていては、研究者は委縮し既存の体制ばかり気にしてまい、創造的な研究などできるわけがありません。また「信憑性のない論文を再三作成した」というのも、誇張が過ぎます。
[PR]
by Katsu-Nakaji | 2007-01-04 17:34 | 東大論文捏造問題 | Comments(0)