気になるバイオニュース、ちょっとマニアックな鉄道模型、心に滲みる酒場、まだバックパッカーという言葉が輝いていた時代の旅の話を中心に、徒然なるままに…


by Katsu-Nakaji

9400型、キャブ(1)

キャブの左右側板のリベッティング、窓抜き、周囲の切り抜きが完了し、前後妻板の工作に取りかかったところです。材料は0.2ミリの燐青銅板を使っています。

木製キャブの鋼体化後のデザインはあれこれ悩みましたが、結局、一般的なものに落ち着きました。ただ、オリジナルを尊重するため、窓枠は真ん中縦一本にする予定です。

リベットの位置や間隔は、9200や9700のそれを参考にしました。いずれもロジャース製ではなくボールドウィン製ですが、キャブの鋼体化は日本に輸入後に行われているので問題ないでしょう。
d0101131_2262192.jpg


左がオリジナルの木製キャブ。
d0101131_2281972.jpg


鋼体化後はこんな感じに…
d0101131_2293541.jpg

[PR]
by Katsu-Nakaji | 2009-04-28 02:30 | 12ミリ国鉄9400型 | Comments(0)