気になるバイオニュース、ちょっとマニアックな鉄道模型、心に滲みる酒場、まだバックパッカーという言葉が輝いていた時代の旅の話を中心に、徒然なるままに…


by Katsu-Nakaji

9400型、ボイラーバンド修正

一番うしろのボイラーバンドが1ミリ程前寄りに付いていたので、ハンダごてを当ててはがし、正しい位置に付け直しました。

気が付いたときは「めんどうだから無視しようか」とも思ったのですが、時間が経つにつれどうしても気になってしまい、結局ハンダごてを暖めたのです。おかげて、安全弁台座がバンドを跨ぐこともなくなりました。

こと模型作りに関しては、無精はいけませんねぇ。

それから、写真を撮ったあとで、幅が1ミリ以上になってしまっていたバンドを1ミリ弱程度に修正しておきました。

d0101131_22423793.jpg
d0101131_2244166.jpg

[PR]
Commented by ゆうえん・こうじ at 2009-01-26 14:13 x
ボイラーバンドとかの帯材を薄板から切り出して使うときは、切ったときはよれよれくにゃくにゃですが、一端を万力で加えて 反対側をペンチで加えて、ヨイショと力をいれるとピンと伸びて市販の帯材のようにまっすぐになります。力を入れすぎると切れてしまいますが、何回かトライするとすぐコツがつかめますよ。
ボイラーバンドはがすときははんだごて暖めなくても、端っこをニッパーか何かで引き起こしてペンチで引っ張れば剥がれますよ。
私のところはボイラーバンドはやはり一端から貼っていきますね。最初に端ははんだごてでつけますが、あとはバーナーでの炙り付けです。
Commented by Katsu-Nakaji at 2009-01-27 00:15
なるほど。ところで、バンドを端からボイラーにまわして貼るとき、上下左右からみても曲がらずに貼るコツはあるんでしょうか?
by Katsu-Nakaji | 2009-01-18 22:45 | 12ミリ国鉄9400型 | Comments(2)