気になるバイオニュース、ちょっとマニアックな鉄道模型、心に滲みる酒場、まだバックパッカーという言葉が輝いていた時代の旅の話を中心に、徒然なるままに…


by Katsu-Nakaji

9400型、フロントデッキ

フロントデッキは、1ミリ真鍮板と0.25ミリ燐青銅板の張り合わせです。側面のリベットは、0.5ミリ洋白線を植え込みました。写真では「ちょっと大きいかなぁ」とも思えるんですが、実際に見るとこの位がちょうどいいようです。

フロントビームに見えるカプラーポケットは、模型のカプラーポケットに合わせると横幅がオーバーになってしまうので始めは作らないつもりでした。

しかし、先輪の動きに干渉しないようカプラーを2ミリ前方に出す必要あり、その出っ張りを隠すために作ることに。拙い工作ですが、出来てみると横からや斜め前から見た時にカプラー周りが引き締まって見え、結構ニコニコしてます。

作り方は、0.3ミリ真鍮板を2ミリ幅に切り出し長方形に曲げ、四隅に0.4ミリ線を植え込んだ0.25ミリの燐青銅板にハンダ付け。その後、ボルトに見立てた0.5ミリ線を植え込んだ1ミリ角材片を左右にハンダ付けして整形しました。

フロントデッキ、カプラーポケットとも、これからの作業工程を考えてまだ固定していません。

シリンダーブロックやフロントデッキなどの大物部品(?)が付いてくると、ぐっと機関車っぽくなってきますねぇ。

d0101131_2358414.jpg
d0101131_23581791.jpg

[PR]
by Katsu-Nakaji | 2008-03-17 00:09 | 12ミリ国鉄9400型 | Comments(0)