気になるバイオニュース、ちょっとマニアックな鉄道模型、心に滲みる酒場、まだバックパッカーという言葉が輝いていた時代の旅の話を中心に、徒然なるままに…


by Katsu-Nakaji

9400型、台枠(5)

当初は台枠の内側の幅を7ミリ、外幅を9ミリとして設計したのですが、それだと一部動輪の内側と干渉することがわかり、結局、内幅6.25ミリ、外幅8.25ミリとしてスぺーサーをはさんで組みました。動輪可動用の線バネは先に開けておいた穴に2ミリビスを支点にして取り付けてあります。ビスは線バネがうまく動くところまでねじ込んだ後ハンダ付け。台枠表面に突き出した部分をツラ位置に削ってあります。線バネは0.5ミリ燐青銅線を曲げたもの。ビスをハンダ付けする際、右側は前後とも線にまでハンダが回ってしまい、イコライザーの作用は左側だけになってしまいました。しかし、そのほうがむしろ「走行安定性はいいのでは?」なんて思っており、そのままにしてあります。

台枠には走行に関わる部分が色々付くので、それぞれのスぺーサーの位置決め等、考えてる時間の方が手を動かしている時間より大分長くなってしまいますねぇ。まだ、フロントビームも残っていますが、次はいよいよ心臓部となるモーター+ギアボックス部分の製作です。ちなみに、台枠最後部の窓を抜いた部分には、1ミリ幅に切り出した0.2ミリの燐青銅板を長さを変えて積み重ね板バネを作り担いバネとし、それをはめ込んであります。この板バネ作り、板にハンダメッキをしてドライバーで押さえてポケットバーナーであぶり付けという作業を繰り返しましたが、慣れると意外に早くできるもんです。
d0101131_0502135.jpg
d0101131_0504067.jpg

[PR]
by Katsu-Nakaji | 2007-09-18 00:51 | 12ミリ国鉄9400型 | Comments(0)