気になるバイオニュース、ちょっとマニアックな鉄道模型、心に滲みる酒場、まだバックパッカーという言葉が輝いていた時代の旅の話を中心に、徒然なるままに…


by Katsu-Nakaji

9400型、サイドロッド完成

シコシコ洋白板を削って、サイドロッドができました。

動輪可動にするため、片側三分割で製作。1ミリ洋白板を二枚張り合わせて、左右同時に切削します。関節は実物通りの位置で1ミリのピンでつなぎますが、最後まで実物のようにフォーク状にするか、重なる部分をそれぞれ片側だけ削るか迷いました。結局、フォーク状にすると関節部の強度が確保できなさそうなので、形態より機能を優先して、一般的な「片側ずつ削る」方法に落ち着きました(写真の上参照)。モデルワーゲンの9200型はフォーク状になっているそうですが、走らせてもロッド関節部の強度は問題ないのでしょうか?どなたか教えて下さい。

ロッドピンは全て1ミリ径。頭を小さくできて良いのですが、その分曲線部分をきれいに削るのに苦労しました。手持ちのヤスリとモーターツールのビットを総動員しましたが、だいたい二回程度作り直しています。工作機械が登場する以前の専門誌でもカドはビシッと、曲線は滑らかに仕上がっている模型が沢山ありましたが,どんな手をしてるんでしょうかねぇ。うらやましい…。

まぁ、何はともあれサイドロッドができたので、いよいよ機関車本体の台枠の製作に入ります。果たして動輪はスムースに回るのでしょうか。一発では無理でしょうね。さらなる苦難が待ち受けています。
d0101131_17442125.jpg

[PR]
by Katsu-Nakaji | 2007-07-23 17:47 | 12ミリ国鉄9400型 | Comments(0)