気になるバイオニュース、ちょっとマニアックな鉄道模型、心に滲みる酒場、まだバックパッカーという言葉が輝いていた時代の旅の話を中心に、徒然なるままに…


by Katsu-Nakaji

9400型、テンダーほぼ完成

テンダーの下回りは特に難しいところもなく…と思っていたんですが、意外や意外、一発で決まったのはカプラーの高さくらいという体たらく。機関車本体の工作が思いやられます。まぁ気を取り直して説明すると:

床板は0.8ミリの真鍮板。これに前後のエンドビーム(端梁)とサイドビーム(横梁)、台車取り付け用の台座を半田付けしました。エンドビームは前部が厚み3ミリ、幅6ミリの真鍮平棒を厚みを2ミリに削り作成、後部はそのうえにさらに0.3ミリ洋白板から切り出しリベットを打ったものを半田付けしました。

サイドビームは全高を2.7ミリにしたかったのですが適当なチャンネル材が見当たらなかったので、手持ちの1x2ミリのアングル材を組み合わせて1x2x1のチャンネルを作ることにしました。板厚を考慮するとほぼ狙ったサイズになるというわけです。しかし現実は甘くない…。アングル材は思いのほか柔らかくくねくねで、まっすぐぴったりつけるにはしっかり押さえ無いといけないんですが、そうすると、押さえているヤットコやドライバーによる傷がすぐついてしまい、苦労しました(何か我が身をみているようです)。しかも、ようやくできて床板に付けた後で全体を眺めると、今度は付けた位置が外側に寄り過ぎていることが判明。結局半田をはがし、チャンネル作りからやり直し。さらに半田を取る際にはサイドビームと接しているエンドビームの半田も取れて付け直す破目に。「泣きっ面にハチ」とはこういうことを指すのでしょう。

「台車の台座くらいはうまくいかないとねー」などと一人ごちながら図面にそって2.5ミリ厚程度の6ミリ角の板を削り出し所定の位置に半田付けしたのですが、実際に台車を取り付けると、どう考えても車高が高い。原因は台車のボルスターの位置が若干高かったため。これは完全には修正できないので、台座を1ミリ真鍮板に替え、ワッシャを重ねて高さを調整しました。

まぁ、いろいろすったもんだありましたが、ディテールは最後にまわし、このあたりでテンダーは「ほぼ完成」とし、次はいよいよ機関車本体の基礎部分である台枠およびロッドの製作です。簡単な線バネ可動式にしようと考えていますが、どうなることやら…。

ちなみに、できたテンダーを8721の後ろに付けてみると、違和感がありません。さすがお互い明治生まれだからなんでしょう。
d0101131_11305695.jpg
d0101131_11322348.jpg
d0101131_11325161.jpg

[PR]
by Katsu-Nakaji | 2007-07-03 14:28 | 12ミリ国鉄9400型 | Comments(0)