気になるバイオニュース、ちょっとマニアックな鉄道模型、心に滲みる酒場、まだバックパッカーという言葉が輝いていた時代の旅の話を中心に、徒然なるままに…


by Katsu-Nakaji

7271形、デザイン、先輪

図面で、スティームドームを「ブルックス的」な原型のシェイプに近づけました。
d0101131_00024617.jpg



鋼製化後のキャブ妻板前面も、特徴満載です。
d0101131_00073288.jpg


製作開始となるテンダーは詳しく描いてみました。形態もそうですが、リベットの打ち方が独特のようです。
ボギー台車も、ボールドウィン等とは構造が違うようですね。
d0101131_00170447.jpg



さて、図面はこのくらいにして、いよいよ製作開始!
しばらく細かい作業をしていなかったので、リハビリを兼ねて先輪のスポークを抜く事にしました(あれ?テンダーからと言っていたのに)。
使った車輪はトミックスの9ミリ電気機関車の7.7ミリ程度の動輪。直径を7.6ミリに、フランジ径を8.6ミリに小さくし、フロンドデッキとのクリアランスを確保しました。あとは糸鋸とヤスリでシコシコと…。スポークは写真からの類推と好みから、9本としました。思いのほか細いものなので、その辺は気をつけましたが、あんまり近くからは見ないほうがいいみたいです。
d0101131_00260450.jpg



図面に合わせると、まぁ、いいみたいです。
d0101131_00273311.jpg



[PR]
by Katsu-Nakaji | 2017-06-24 00:33 | 12ミリ蒸機7270 | Comments(0)