気になるバイオニュース、ちょっとマニアックな鉄道模型、心に滲みる酒場、まだバックパッカーという言葉が輝いていた時代の旅の話を中心に、徒然なるままに…


by Katsu-Nakaji

ベッドの上を運転スペースに

当鉄道の運転インフラは非常にお粗末で、9ミリ、と16.5ミリゲージの組線路のエンドレスがそれぞれ1つ、12ミリと10.5ミリはフレキの往復のみといった状態です。レイアウト、と言わないまでも常設の運転場が欲しいのですが、部屋が狭くそれも無理。「どうしようか」ーー考える中で目についたのが、ベッド上のスペースでした。90センチx180センチのスタイローフォームをベッドに置いて線路を敷くのが一番簡単ですが、それでは最大でも420Rが限度。「曲線は550Rは欲しい」ということで、ベッドの外側を組み立て式の井桁台枠で囲むことにしました。

出来上がりはこんな感じ
d0101131_00262858.jpg

材料は、ファルカタ材。軽くて、値段が安いのが魅力です。基本となる横の梁には120センチ、縦は182センチ長を使い、ベッドの前後の張り出し用には120センチを使用。それぞれの幅は30センチで、横梁と前後の張り出しには足として、60センチx15センチの板を装着できるようにしました。

横梁のベッドと壁に挟むほうは、蝶番を。床に立てる手前側は、裏に角材で溝を作り、それに足となる板を差し込むようにしました。
d0101131_00374025.jpg
d0101131_00422504.jpg
d0101131_00513427.jpg

張り出し部の下は両側とも角材スリット
d0101131_00442021.jpg
d0101131_00461720.jpg

これに縦梁をのせて出来上がりです。なお、前後の張り出しには、縦梁と高さを揃えるために90センチ長の板を乗せてます。
d0101131_00570543.jpg

内側にはナローのエンドレスも作れそうです
d0101131_00580828.jpg


[PR]
by Katsu-Nakaji | 2017-02-19 01:02 | 運転環境 | Comments(0)