気になるバイオニュース、ちょっとマニアックな鉄道模型、心に滲みる酒場、まだバックパッカーという言葉が輝いていた時代の旅の話を中心に、徒然なるままに…


by Katsu-Nakaji

ダックスⅡモーター換装

以前から気になっていたダックスⅡ(旧製品)の走行状態を改善するために、モーターを換装することにしました。

このキットのオリジナルは小型コアレスでしたが、モーター内で断線。いったんは修復したものの、長くはもたず、小型キドモーターに換装しました。しかし、走りは今一で、特に勾配の前後でのスピード変化が激しく、再度モーターの換装とあいなったわけです。

このキャプに収まり、手頃な値段でそこそこパワフルなモーターがあまりない中、白羽の矢を立てたのがこれ。全長15ミリ弱、断面10ミリx12ミリ程度の、万世橋横の日米無線電機で3個500円で売っていた定格3Vモーターです。ネット検索したら、パナソニックのプロジェクターに使われている(いた?)もののようです。
d0101131_02213902.jpg

モーターブラッケトに新しい穴を開け、モーター軸に内径1ミリ、外径2ミリのパイプを外径1.8ミリ程度に削ったものをロックタイトで固定し、イモンのチューブでつなぎました。
d0101131_02263419.jpg

このままでも大分走行は改善されたのですが、当鉄道の劣悪な線路状態ではしばしば集電不良が起こり、スローでは心もとない感じです。そこで、非絶縁側第一動輪の後ろに集電シューを付けてみました。材料は0.3ミリ燐青銅線と0.2ミリ厚の燐青銅片。また、先輪には、0.3ミリの燐青銅線で作った復元バネを付けて頭の振りをなくしました。
d0101131_02351979.jpg
シューの効果はてきめん。超スローとはいかないまでも、普通にゆっくり走ってくれます。また、横からもほとんど目立たず、特にナロー蒸機の集電不良対策には有効かと思います。
d0101131_02390016.jpg



[PR]
by Katsu-Nakaji | 2017-01-30 02:41 | 9ミリナロー:ダックス | Comments(0)