気になるバイオニュース、ちょっとマニアックな鉄道模型、心に滲みる酒場、まだバックパッカーという言葉が輝いていた時代の旅の話を中心に、徒然なるままに…


by Katsu-Nakaji

キーストンシェイ、大規模修繕35

キャブ内のパイピングをする際、屋根があると厄介なので、取り外すことにしました。がっちり接着されてたんで「取れるかなぁ〜」と思いつつ「瞬間接着剤はがし」(アセトンですか)をぼたっとたらしたら、屋根だけじゃなくキャブ全体が分解してしまいました。瞬間はがしはエポキシにも通用するんですねー。最初は焦りましたが、これを機に、内部に盛り上がった接着剤を除去し、キャブをきちんと組む直すことにしました。

接着剤を除去したところ
d0101131_034390.jpg


ホワイトメタルキットの嵌め合いの悪さは、隙間をエポキシで埋めるのではなく、各部をヤスリ等で修正して解消。その結果、組み直し後のキャブは0.3ミリほど背が低くなり落ち着いたプロポーションになりました。
d0101131_0435384.jpg


無事、屋根は取り外し式に。キャプ内もすっきり。
d0101131_048099.jpg

d0101131_0482013.jpg

[PR]
by Katsu-Nakaji | 2016-08-26 00:50 | 9ミリナロー:シェイ | Comments(0)