気になるバイオニュース、ちょっとマニアックな鉄道模型、心に滲みる酒場、まだバックパッカーという言葉が輝いていた時代の旅の話を中心に、徒然なるままに…


by Katsu-Nakaji

キーストンシェイ、大規模修繕31

ハンドルを付けていきました。
d0101131_1474852.jpg


分配箱上側に付くバルブハンドルは大きめなので、作り方を変えます。

中央の一番大きいやつは、0.3ミリ洋白線と、外径2ミリ内径1ミリのパイプの内径を1.5ミリ程度に広げて輪切りにしたリングの組み合わせ。

ドライバーの先をこの程度に削り、
d0101131_1564100.jpg

組み合わせる部分をドンと凹ませると同時に膨らませ、
d0101131_157274.jpg


2本を接合後、中央に0.3ミリの穴を開けました。接合には、リングをハンダ付する際取れないように、初めてロウ付けをしてみました。最初は「果たしてうまくロウは流れてくれるのか」と不安でしたが、杞憂に終わったようです。
d0101131_158375.jpg


その左は、0.3ミリ真鍮線をリングにして0.2ミリ燐青銅板片にハンダ付けし、必要な穴を開け外周を切り取り整形したもの。
d0101131_213347.jpg


これで分配箱の完成ですが、パイピングはインジェクター等、パイプのつながる先が出来るまでおあずけです。
d0101131_24221.jpg

[PR]
Commented by railtruck at 2016-05-25 06:35 x
すばらしいです。おそれいりました。
ロー付けは簡単でしょう。ハンダ付けと使い分けると工作が楽になりますね。
Commented by Katsu-Nakaji at 2016-05-25 14:22
ロウ付けは「難しい」との潜入感から敬遠してましたが、おっしゃる通りあっけないほどスッと流れてくれました。食わず嫌いはいけませんね。
by Katsu-Nakaji | 2016-05-25 02:08 | 9ミリナロー:シェイ | Comments(2)