気になるバイオニュース、ちょっとマニアックな鉄道模型、心に滲みる酒場、まだバックパッカーという言葉が輝いていた時代の旅の話を中心に、徒然なるままに…


by Katsu-Nakaji

キーストンシェイ、大規模修繕29

本体部分のオイルリザーバーには、潤滑油補給用のコックを2カ所つけました。0.4ミリ洋白線と外径0.6ミリ、内径0.4ミリの精密パイプの組み合わせです。なお、バルブコックだと思っていた穴の開いた部分ですが、リザーバー左右はオイルの残量を、また正面はコンデンサ(「こぶ」と呼んだパーツです。railtruckさんに教えていただきました)から下りてきて下部に溜まった水の量をそれぞれ確認するゲージでした。
d0101131_15483115.jpg


裏面は、当初どうなっているのか分からなかったのですが、railtruckさんの「コンデンサで作られた水が滴下してその圧力でオイルが放出される」とのご指摘で、潤滑パイプは上部から出ているんだろう想像したところこの写真を見つけ、製作に入れました。
d0101131_1553324.jpg


パイプは0.3ミリ燐青銅線で、ジョイントとなる0.6ミリ洋白角線に穴を開けてさしこんでます。本体背面には差し込み用の0.4ミリの穴を開けました。角線を使ったのは、YuTubeで見つけた、米ネイサン製作所製の給油器(作っているのと同形と思われる。https://www.youtube.com/watch?v=c-lrCsX5eBk)がのジョイント部が角っぽかったからです。
d0101131_15591482.jpg


取り付けたところです。
d0101131_15595389.jpg


次に、給油器下部の、おそらく溜まった水を逃すハンドル3個を、1.0ミリ真鍮線の中心に0.3ミリ穴を開け、薄く輪切りして作り、0.3ミリ線を差し込んでハンダ付け。真鍮線の頭をカップカッターで丸めながらその周囲に若干溝を掘ったあと、出来上がったハンドルを予め開けていた穴に差し込んで、給油器の完成となりました。
d0101131_1605186.jpg


下からの眺め。
d0101131_16144193.jpg

[PR]
Commented by railtruck at 2016-04-25 07:35 x
すごいの一言です。
Commented by Katsu-Nakaji at 2016-04-26 02:20
railtruckさんのコメントのおかげで変な物ができずに済みました。ありがとうございます。こういう小物作りは精度を必要としないので、楽しいですね。
by Katsu-Nakaji | 2016-04-24 16:23 | 9ミリナロー:シェイ | Comments(2)