気になるバイオニュース、ちょっとマニアックな鉄道模型、心に滲みる酒場、まだバックパッカーという言葉が輝いていた時代の旅の話を中心に、徒然なるままに…


by Katsu-Nakaji

キーストンシェイ、大規模修繕26

主要な工作は終わり、と書きましたが、砂巻管操作レバーと引棒を忘れてました。

材料は幅0.5ミリの真鍮帯板と0.25ミリ燐青銅線。レバーは後端を細くけずって、ドームに開けた0.4ミリの穴に差し込んで接着しました。レバーの前後する溝は、ソフトメタルの特徴を活かし、精密ドライバーの先でギュッと押し付けました。
d0101131_3215252.jpg


キャブ妻板に引棒を差し込む穴をあけるの際は、0.3ミリドリルを相当しならせる必要がありました。
d0101131_3223499.jpg


給水ホースを被せると、レバーの溝はまるで目立ちません。
d0101131_325167.jpg


ついでに、汽笛作動用引棒もつけて、ベルを除き(くどい!)、ほぼ完成です。
d0101131_332627.jpg


でも、やっぱりスカスカのキャブ内が気になる…
d0101131_3345523.jpg

[PR]
by Katsu-Nakaji | 2016-04-02 03:37 | 9ミリナロー:シェイ | Comments(0)