気になるバイオニュース、ちょっとマニアックな鉄道模型、心に滲みる酒場、まだバックパッカーという言葉が輝いていた時代の旅の話を中心に、徒然なるままに…


by Katsu-Nakaji

キーストンシェイ、大規模修繕8

エンジン部分はもう終わったと思っていたのですが、ドレイン系統が残ってました。

でも、シェイのドレインバルブやレバーがちゃんと映ってる写真て少ないので、形を決めるまでがひと苦労。最終的には、所属してるクラブKKCの会報に連載の浮津さんのシェイ製作記と、海外のこのサイト(http://www.modelenginemaker.com/index.php/topic,171.75.html)の写真を全面的に参考にしました。

まず、ドレインバルフの開閉テコです。0.8x0.8ミリ角棒に糸鋸でスリットを入れ
d0101131_0482885.jpg


テコ部を大体の形に整形したら、差し込み部分を0.4ミリにドリルレース
d0101131_0503196.jpg


ドリルから離して、仕上げです。
d0101131_132919.jpg


中央の、レバー作用用のテコは同じく0.8x0.8角棒から。相当実物とかけ離れた形です。レバーは、0.3ミリ真鍮線を帯状にしたもの。
d0101131_1655.jpg


3つ付くとこうなります。この時点で、バルブ開閉テコのスリット部の片側は削り落としてフォーク状ではなくしてあります(実物に倣って)。
d0101131_17118.jpg


シリンダーに装着。レバーを動かすロッドは0.25ミリの燐青銅線です。
ちなみに、ドレインパイプは物理的に付けられなくなってしまったので、省略せざるを得ませんでした。
d0101131_1134441.jpg

d0101131_1141482.jpg

[PR]
by Katsu-Nakaji | 2015-07-13 01:24 | 9ミリナロー:シェイ | Comments(0)