気になるバイオニュース、ちょっとマニアックな鉄道模型、心に滲みる酒場、まだバックパッカーという言葉が輝いていた時代の旅の話を中心に、徒然なるままに…


by Katsu-Nakaji

南軽516号、キャブ(2)サドルタンク(1)

キャブの主要パーツです。実は床板とのなじみを調整している時、側板を削りすぎてしまい、作り直しを余儀なくされました。
d0101131_23415062.jpg


組んだところです。今回は底辺も揃ってるみたいですねぇ。
d0101131_23421667.jpg


前妻板です。見える部分だけ木製キャブの表現をしています。
d0101131_2343561.jpg


ハンドレールノブはドリルレースです。最初は0.8ミリ角線から作りましたが、整形しにくかったのと、すこし背が高すぎました。穴は0.4ミリです。
d0101131_23452395.jpg


というわけで、1ミリ真鍮線から作り直しです。全高1.8ミリ。バルブロッドの時もそうでしたが、真鍮線に穴を開けるときは線を真鍮板にハンダ付けしてからピンパイスで開けます。
d0101131_23482683.jpg


サドルタンクにハンダ付けしたとこです。手削りなのでそれぞれのノブは個性的ですが、付けてしまうとあまり分かりません。サドルタンク前板には、2ミリ真鍮丸棒を3段にドリルレースして作った洗浄栓を付けました。
d0101131_23522936.jpg

d0101131_23593298.jpg


シルエット的に見ても、大きな歪みく組み立てられそうです。ドーム類、煙突、煙室扉という大物や細々としたディテイルはまだ残っていますが、どうやら完成が見えてきたようです。
d0101131_00774.jpg

[PR]
by Katsu-Nakaji | 2014-10-05 00:07 | 9ミリナロー:南軽516号 | Comments(0)