気になるバイオニュース、ちょっとマニアックな鉄道模型、心に滲みる酒場、まだバックパッカーという言葉が輝いていた時代の旅の話を中心に、徒然なるままに…


by Katsu-Nakaji

南軽516号、フロントエンドビーム(1)

実物のフロントエンドビームは木製で鉄板にボルト止めされていますが、模型では当然金属製となります。

本体は3x6ミリの真鍮平棒から削り出し、カプラー受けとボルト埋め込み用の穴などを開けます。
d0101131_0293071.jpg




先ず裏面にビーム取り付け用の鉄板となる0.2ミリの燐青銅板を貼り付け、0.4ミリ洋白線のボルトを植え込み(右下は大分位置がずれたので、後から修正)ました。下に見えるのは台枠との取り付け板で、1ミリ真鍮板から切り出し、カプラー用のネジを切っておきます。
d0101131_0311414.jpg



表側にはエプロン(0.2ミリ燐青銅板)が付きます。線路とのクリアランスを取りたいので、縦方向を若干短くしました。エプロンの下側には0.2ミリ燐青銅板を細く切り出した帯をハンダ付けし、0.3ミリ洋白線を植え込んでます。ほかの植え込みは0.4ミリ。
d0101131_0364015.jpg


裏側にはリベットを打ち出した0.5x0.3ミリ真鍮帯板を貼り付け、ブレイス(ボイラーを支える棒)固定用の0.3ミリの穴を開けました。
d0101131_046516.jpg



2本の棒がブレイスになります。0.6ミリ洋白線で、エンドビームに開けた穴と等間隔に穴を開けてあり、ビームを台枠に固定した後で0.3ミリ線でかしめる手筈です。実際の工作の手順は逆で、先ず0.6ミリ線のビーム固定部を万力でぎゅーっと挟んで平にし、ヤスリで形を整えた後に穴を開け、それをビームに瞬間接着剤で仮止め、その穴をガイドにビームに穴を開けました。それにしてもボルト植え込みが多く、このエンドビームは思ったより難物です。なお、作業はさらに続きます。
d0101131_050531.jpg


あっ、年が変わってます。あけましておめでとうです。
[PR]
by Katsu-Nakaji | 2014-01-12 01:06 | 9ミリナロー:南軽516号 | Comments(0)