気になるバイオニュース、ちょっとマニアックな鉄道模型、心に滲みる酒場、まだバックパッカーという言葉が輝いていた時代の旅の話を中心に、徒然なるままに…


by Katsu-Nakaji

9400型、テンダー仕上げ (2)

固定具の次に、カプラー解放テコ受けおよびテコ、ライト、電線管、ブレーキ管、梯子を付けました。

カプラー解放テコ受けはアダチのパーツを使って楽をする予定だったんですが、やっぱり完璧なオーバースケールで、潔く作ることに。

材料は0.8x0.3の真鍮帯板で、これにリベットを打ちテコの通る0.4ミリの穴を開け、リベットから上をぐいっと90度ひねりました。

テコは0.3ミリの真鍮線。複雑な格好なので、テコ受けを通しておいてから曲げないとだめと思いがちですが、曲げた後からでも楽にテコ受けを通すことができます。ただ、端梁にテコ受けをハンダ付けする際にはテコを通しておかないと、横一直線になるように付けられません。

ライトはヘッドライトと同じ、アダチの150Wタイプ。底部を薄く削り、0.25ミリ燐青銅版で作ったL形の取り付け座にハンダ付けしたあと、テンダーの端部にハンダ付けしました。この辺りからコテをシュアーの100Wに変更。ハンダ付けがとても楽しくなりました。

悩んだのがライトの下から機関車本体へと伸びていく電線管です。テンダーのアンダーフレームの左下にブラケットを設けて通すことにしたのですが、テンダーの上下分解を考えると、どうやって分割するかが思案のしどころ。まぁ、あーでもない、こーでもないと色々考えたのですが、結局、外径0.8ミリ、内径0.5ミリの極細パイプでつなぐという、何の変哲もない方法に落ち着きました。

電線管は0.3ミリ真鍮線で、テンダー背面には0.3ミリ線を甲丸にした割りピンで留め、アンダーフレームの下には0.5x0.3真鍮帯板で作った割りピンで留めてあります。

梯子は珊瑚のパーツ。また、テンダー右アンダーフレーム下には、電線管と同様の割りピンで0.4ミリ洋白線を留め、ブレーキ管としました。

テンダーであと残るは、端梁の排障器とブレーキ管、それにキャプ寄りのステップだけです。完成が見えてきました。
d0101131_032325.jpg
d0101131_04528.jpg
d0101131_051395.jpg

[PR]
by Katsu-Nakaji | 2010-11-28 00:06 | 12ミリ国鉄9400型 | Comments(0)