気になるバイオニュース、ちょっとマニアックな鉄道模型、心に滲みる酒場、まだバックパッカーという言葉が輝いていた時代の旅の話を中心に、徒然なるままに…


by Katsu-Nakaji

9400型、ランボード下パイピング

機関車ランボード下のパイピングが完了しました。

ランボード奥のブレーキ管および手前のエアーシリンダーから伸びてくる空気管ともに0.4ミリ真鍮線。それぞれ0.7x0.2ミリ真鍮帯板から作った割りピンでランボードに留めてあります。

エアーシリンダー(元空気溜)直後の元空気溜締切コックは、1ミリ真鍮線に切り込みを入れ極細パイプをはめ込みハンダ付けし、その底部に真鍮片をハンダ付け成形してレバーを表現しました。とても小さいパーツで少し形が崩れてしまいましたが、結構いいアクセントになってます。

さらに後方の、エアーシリンダーに次ぐランボード下最大のパーツである分配弁と、それに付く渦巻きチリトリはいずれも1/80用ロストパーツ。少し大きめなので、モーターツール等で若干小さくして使いました。配管はTMS特集シリーズ「日本型蒸気機関車の製作」の解説記事を参考にしています。この本の初版は昭和38年12月1日発行。1963年なのでもう47年も前の本ですが、今でもその利用価値は高く、正に模型蒸気機関車製作のバイプルですね。

キャブ下から伸びている2本のパイプは水関係なので、太めの0.6ミリ真鍮線を使いました。

これで機関車本体のパイピングは終了。本体関係で残るはボイラーに付くステップ、それに火室底部の灰箱とキャプ内のディテールアップです。
d0101131_1311493.jpg
d0101131_1315439.jpg
d0101131_1322966.jpg
d0101131_133896.jpg
d0101131_1332362.jpg

[PR]
by Katsu-Nakaji | 2010-08-26 01:38 | 12ミリ国鉄9400型 | Comments(0)