気になるバイオニュース、ちょっとマニアックな鉄道模型、心に滲みる酒場、まだバックパッカーという言葉が輝いていた時代の旅の話を中心に、徒然なるままに…


by Katsu-Nakaji

9400型、フロント連結器解放テコ受け1

苦労したブレーキシリンダー取り付けの後は、フロントデッキ廻りのディテール中最難関と思われる、連結器解放テコ受けにアタックです。

実物は自動連結器時代まで生き残らなかったので勿論テコ受けも付けておらず、従って「昭和30年代まで生き残った」想定のこのロコにはどんなテコ受けを付けても自由で、作りやすいタイプを選択することも可能でした。しかし、「鉄道讃歌」の上芦別9201が装着しているやつが気に入ってしまい、自分の工作力も顧みず「これにした!」と相成った次第です。

寸法は同書の写真から割り出しました(この本には、模型を作り者にとって「かゆい所に手が届く」が写真が何枚もあります)。問題はどう作るかです。実物はテコ受けと台座が一体の鋳物成形で、それをフロントデッキへの取り付け脚にボルト締めしているようですが、模型では、テコ受け、取り付け台座、脚の別々に作り最後の組み合わせることにしました。

材料は、テコ受けはごついので0.5ミリの真鍮板、台座は0.3ミリ、脚の部分は0.25ミリの燐青銅板です。脚は先ずΩ形に切り抜き、テコ受けと台座、それに0.3ミリ真鍮線を4カ所植え込んでボルトを表現したあと、折り曲げました。

何分小さなパーツなので、加工は出来るだけ長いままで行い最後に所定の寸法に仕上げています。特に難関は脚の折り曲げで、やはり一度失敗(曲げた所が折れてしまった)し、泣く泣く作り直しました。2度目に作った脚の折り曲げ部には、折れないようにハンダを流しておいたのは言うまでもありません。

ロストパーツを利用するとすぐ出来てしまうんでしょうが、自分で作った物はそれだけ見てても飽きませんねぇ。
d0101131_0452338.jpg
d0101131_0453486.jpg
d0101131_0454327.jpg
d0101131_0455186.jpg

[PR]
by Katsu-Nakaji | 2010-06-07 00:48 | 12ミリ国鉄9400型 | Comments(0)